ガールズプラネット999(ガルプラ)4話ネタバレ!コネクトミッション結果順位!

ガールズプラネット999(ガルプラ)4話ネタバレ!コネクトミッション結果順位!

Mnetの新サバイバルオーディション番組「ガールズプラネット999(Girls Planet 999/ガルプラ)」!

3話の放送から、コネクトミッション(チームバトル)がスタート!

完璧なステージを見せたチームもあれば、ミスをしてしまい悔やまれる結果となったチームもありました。

4話は、コネクトミッションの残るチームのパフォーマンスが披露されます。

この記事では、「ガールズプラネット999(ガルプラ999)」の4話ネタバレとコネクトミッションの結果・順位をお伝えしていきます。

\ガルプラを日本語字幕付きで視聴!/

ABEMA公式サイトへ>>

 

ガールズプラネットの日本からの視聴方法はこちら
⇒ガールズプラネット999(ガルプラ)視聴方法!見逃し配信についても

ガールズプラネット999参加者メンバー一覧はこちら
⇒ガールズプラネット999参加者メンバープロフィール!

ガールズプラネット999最新順位と脱落者!
⇒ガールズプラネット(ガルプラ)最新順位と脱落者!1話から最終話までまとめ

ガールズプラネット4話以降のネタバレ
⇒ガールズプラネット5話ネタバレ結果
⇒ガールズプラネット6話ネタバレ!

「ガールズプラネット999(ガルプラ)」4話ネタバレ

ガルプラ4話では、「コネクトミッション」の残りのパフォーマンスが披露されます。

3話では、TWICEチームとBLACK PINKチームのステージが放送されました。

今回は、IZ*ONEチーム、EBSチーム(EXO/BTS/SEVENTEEN)の5チームが登場します!

コネクトミッションのチーム分け・課題曲などの詳細は、こちら↓↓

>>ガールズプラネット999コネクトミッションチーム分けと課題曲!ベネフィットについても

マスター陣の評価によって、勝敗が決定するコネクトミッション!

勝利チームには、最初のグローバル投票の締め切り前24時間の得票数が2倍(EBSチームは3倍)になるベネフィットと、一番上位のチームは「Mカウントダウン(Mカ)」への出演権が与えられます。

キッド

ここからはネタバレが含まれるので、まだ視聴していない方はお気をつけください!

前回(3話放送)では、TWICEチームとBLACK PINKチームの対決が行われ、結果はこのようになりました。

1チーム 2チーム
TWICE
「YES or YES」
BLACK PINK
「How You Like That」

より詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

>>ガールズプラネット999(ガルプラ)3話ネタバレ感想!最初の勝者と敗者が決定

 

IZ*ONE「FIESTA」チームの対決

続いて登場したのは、IZ*ONE「FIESTA」チームです。

チーム1 チーム2
イ・ソヌ ヒュニンバヒエ
比屋定和 坂本志穂菜
ポン・インチー シュイ・ニエンツー
カン・イェソ キム・ユビン
坂本ましろ 中村伽羅
ファン・シンチャオ リン·シューユィン
チェ・イェヨン ソ・ジミン
久保玲奈 伊藤美優
チェン・シンウェイ ワン・チウル

IZ*ONEチームは、2チームが先にパフォーマンスを披露。

メインボーカルを担当する伊藤美優ちゃんが喉の調子が悪く、最終リハーサルの時も思うように声が出せていませんでした。

練習の時から、1チームの高音ボイスに圧倒され、プレッシャーもあったのだと思います。

猛練習をしたために、喉を潰してしまいました…。

それでも、「しっかりパフォーマンスできたらいいなと思います。」と前向きな美優ちゃん。

2チームのパフォーマンスがこちらです!

本番で、他のメンバーにも音程のズレなどが目立ちました。

やはり「FIESTA」は高音の多い曲なので難しさがありますよね。

美優ちゃんは1コーラスまでは何とか喉が持っていたのですが、アドリブラインで崩れてしまい悔いが残りました。

マスター陣も「悔しいだろうね」と彼女の気持ちを察していました。


続く1チームですが、中間チェックの際に「とても聞きづらかった。」「死ぬ気で頑張りましたか?」と厳しい評価を受けてしまいました。

中でも、ファン・シンチャオちゃんは、ダンスで覚えていない部分があった時に諦めてしまうところがあり、「がっかりした」とティファニーさんから言われます。

合宿所にコネクトミッションの中間評価の成績が貼り出されていて、それを見るとIZ*ONEチームの最下位CELLは、カン・イェソ、坂本ましろ、ファン・シンチャオのチームでした。

それを見たイェソちゃんが涙しているところを、シンチャオちゃんはそばで見ていて、申し訳ない気持ちでいっぱいに…。

そして、ここからシンチャオちゃんの快進撃が始まります!

同じCELLのましろちゃんやイェソちゃんにダンスを教わり、1人でも居残り練習に励みました。

そして、完成した1チームのパフォーマンスがこちらです!

ソンミさんは「本当の祭りのようでした。メンバーの息もピッタリだった。」と、このステージを誉め称えました。

特に、シンチャオちゃんを褒めたいと言われ、ましろちゃんとイェソちゃんが嬉しそうな顔をしていたのが印象的でした。


今回、「FIESTA」チームはどちらも分量が少なく(特に2チームは、ほとんどなくて残念…)あっという間に結果発表となりました。

IZ*ONEの「FIESTA」対決、勝利したのは1チームでした!

 

OH MY GIRL「5つ目の季節」チームの対決

続いて登場したのは、OH MY GIRL「5つ目の季節」チームです。

チーム1 チーム2
リュ・シオン チョン・ミン
寺崎日菜 林楓子
ヂャン・ジン リャン・チャオ
イ・ヘウォン イ・ナヨン
永井愛美 沖楓花
リャン・ジャオ ツゥイ·ウェンメイシウ
キム・ボラ チョ・ハウン
早瀬華 菅野美優
ジャン·ルォフェイ ホー·スーチン

同じ部屋で練習をしているので、どうしても1チームの進行具合が気になる2チーム。

パート分けの時から消極的なメンバーが多く、リーダーのナヨンちゃんはメインボーカルも兼任することになり、とてもプレッシャーを感じていました。

さらにメンバーたちが自信を失いかけていて、そんなメンバーをどうしたら良いのか…、ナヨンちゃんはずっと悩み続けます。

そんな中、中間チェックでミスを連発した2チームに、マスター陣から厳しい声が…。

リーダーとして申し訳ないと思ったナヨンちゃんはそこで、これまで我慢していた涙を流しました。

でも、これがメンバーの気持ちを変える良いきっかけになったのです!

頼ってばかりいてはダメだ…と気づくことができたことで、2チームは大きく成長することができました。

最終リハーサルでは、「あんなにうまかったっけ?」「かなり上達してる!」とまで言われるように!

チームで団結することができた2チームのパフォーマンスが、こちらです。

パフォーマンスが終了し、ソンミさんは「メンバー全員が集中していたのかが気になる。」と発言。

自信もなく、この曲は切ない気持ちを表す歌詞なのに、それが感じられなかったと…。

そんな中、リャン・チャオちゃんが、ティファニーさんから成長が感じられたとお褒めの言葉をもらうことができました。

ステージから降りた後、メンバーたちは号泣。

そして、それを見てナヨンちゃんがまた自分を責めていたのがツラかったです…。


1チームは、リーダーのボラちゃんが積極的で、ポジティブな声かけがとても多くありました。

間違えても笑顔、上手にできたらめちゃくちゃ誉める。

メンバーからも「いつも気にかけてくれる。」「ボラオンニがいるから怖くないです。」と言った声が出ていました。

中間評価でも、ボラちゃんのリーダーとしてのまとめ方に、マスターから称賛の声が。

これまで大きな問題なく進んでいた1チームですが、最終リハーサルで細かいミスを連発してしまいます。

「今日はどうしたの?1チームのほうが、2チームより練習できてない気がする。」と言われてしまう結果に…。

1チームは、ここから立ち直ることができたのか!?

1チームのパフォーマンスがこちらです。

ソンミさんは、「序盤は少し集中力に欠けていたけど、後半に持ち直しとても良かった。」と高評価。

メインボーカルのボラちゃんに関しては、曲中でもマスター陣が「うまい!」と言っていましたが、圧巻でした。

ただ、ボラちゃんとルオフェイちゃんのハーモニーの部分が、中間チェックの時に良かっただけに、本番では少し残念だったと言われました。


両チームのパフォーマンスが終わった後、それぞれのチームメンバーがお互いを称え合っていた姿が素敵でした。

特に、ナヨンちゃんは自分とボラちゃんを比較して落ち込むことも多かったのですが、ボラちゃんと抱き合って2人して泣いているシーンは印象的でした。

OH MY GIRLの「5つ目の季節」対決、勝利したのは1チームでした!

 

EXO・BTS・SEVENTEENチームの対決

ラストは、EBSチームの対決です。

EXO BTS SEVENTEEN
ユ・ダヨン ハン・ダナ キム・イェウン
神藏 令 北島由菜 池間琉杏
シュイ·ルォウェイ リン・チェンハン リウ·シーチー
チョン・ジウン チェ・ヘリン グイン・マヤ
江崎ひかる 荒武凛香 嘉味元琴音
スー・ルイチー リウ·ユーハン ヤン・ズーグァ
キム・スヨン アン・ジョンミン イ・ユンジ
野中紗奈 藤本彩花 村上結愛
フー・ヤーニン ワン・ヤーラ グー・イージョウ

まずはBTSチームから。

このチームは、中間チェックでマスター陣から全チームの中で一番怒られたチームでした。

全員が自信がなく、中間チェックでもミスを連発し、曲の途中で止められてしまうほど。

そんな中、ジョンミンちゃんが「1回しかないチャンスだから悔いなくできればと思う。」とみんなに話し、積極的に引っ張っていってくれました。

マスター全員が気にかけていたBTSチームですが、本番はいかに!?

パフォーマンス動画がこちらです。

驚くほど成長したBTSチームに、ソンミさんは「ヒューマンドラマの逆転劇みたい」だと評価しました。

心配の声が多かったチームですが、全員が成長し最高の姿を見せてくれたことに、マスターからは「ありがとう」という言葉も。

最初は覇気のない目をしていたメンバーが、ステージが終わるとキラキラと輝いた目をしていて、自信はここまで人を変えるのか…と思いました。


続いて、SEVENTEENチームの登場です。

セブチチームは、最初キリングパートをユンジちゃんが担当することになっていました。

しかし、中間チェックの際に「マヤに変えてみては?」とマスター陣からアドバイスが。

自分を否定されたような気がしたユンジちゃんは涙を流したのですが、「ソンミさんが言ってくれたということはそこに理由があるから。」と言い、キリングパートをマヤちゃんに託しました。

この采配がどう作用するのか!?

セブチチームのパフォーマンスが、こちらです。

このチームは、全員のかわいらしさとエネルギーが爆発してましたね!

マスター陣も、みんな楽しそうに見ていましたし、他のチームのメンバーも一緒に踊って楽しそう♪

ソンミさんは、メンバー全員がキリングパートのマヤちゃんと同じテンションで、それぞれのケミも際立つ良いステージだったと絶賛。

また、グー・イージョウちゃんの愛嬌が可愛すぎて、もう一回見たいというリクエストまで!

みんなが笑顔になる素敵なステージでした。


ラストを飾るのは、EXOチームです。

中間チェックでは、1人1人のスキルの高さは評価されたのですが、1つのチームのようには見えなかったと言われてしまいます。

また、ルイチーちゃんの歌パートがうまくコントロールできていないので、パート割を変えてみてはどうか?という案がマスターから出されました。

ここで、またパート割問題の再燃です…。(前回3話で、ここはパート割で揉めました)

ダヨンちゃんがパート割の時に抱えていたモヤモヤを、マスターの前でぶちまけてしまうという事態に。

ジュヒさんは、そういった点がこのチームの問題だと思うと話しました。

私がうまいから、あれもやりたい、これもやりたいじゃなくて、このチームが最高のステージを作るためにはどうするべきか…といった点を話し合うべきだと。

ここから、もう一度話し合って改めてパート決めをした9人。

EXOチームのパフォーマンスが、こちらです。

このチームは、スキルの高いメンバーが多いですが中でも、紗奈(しゃな)ちゃんの歌声にマスター陣は注目。

紗奈ちゃんの声はトーンが突き抜けていて、これからがもっと楽しみだと期待されていました!

また、スヨンちゃんもパート割は少なかったものの、自分のパートをしっかりと魅了する力があったと誉められていました。

一方で、個人のソロパートはうまく生かせているけど、それ以上のものを見せないと心に響かないと指摘されます。

また、ダヨンちゃん、ヤーニンちゃん、ルイチーちゃんはあえて強い表情を作らなくても十分にかっこいいのに…と。

逆にこの顔の力をほどく練習をして欲しいとアドバイスがありました。


さまざまなドラマがあったEBSチームでしたが…

EBS対決で勝利したのは、SEVENTEENチームでした!

そして、もう1つのベネフィットである「Mカウントダウン」への出演権は、TWICE「YES or YES」を披露した1チームが獲得しました!

スポンサーリンク

「ガールズプラネット999(ガルプラ)」5話予告

ガールズプラネット5話では、第1回目の生存者発表式が行われます!

今回、脱落してしまうのは16CELL(48人)とかなり多いです。

しかし、その48人の中からKJCのグループから各1名ずつだけ、救済されます。

その救済メンバーを決定するのは、マスター陣!

そして、プラネット9には、誰が選ばれるでしょうか!?

次回5話は、2021年9月3日(金)20時20分~となりますのでお見逃しなく!

スポンサーリンク

「ガールズプラネット999(ガルプラ)」4話まとめ

今回は、Mnetのオーディション番組「ガールズプラネット999(ガルプラ)」4話のネタバレ、感想をお伝えしました。

5話の放送も楽しみですね♪

\ガルプラを日本語字幕付きで視聴!/

ABEMA公式サイトへ>>

無料視聴の期間内に解約すれば0円!

注意
本作品の配信情報は2021年8月25日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはABEMAのホームページもしくはアプリをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。