ガールズプラネット(ガルプラ)6話ネタバレ!コンビネーションミッションで危機!?

ガールズプラネット(ガルプラ)6話ネタバレ!コンビネーションミッションで危機!?

Mnetの新サバイバルオーディション番組「ガールズプラネット999(Girls Planet 999/ガルプラ)」!

5話の放送では第1回生存者発表式が行われ、45人の参加者が脱落しました。

6話からは、残る54人のメンバーで「コンビネーションミッション」がスタートします!

この記事では、「ガールズプラネット999(ガルプラ999)」の6話のネタバレとコンビネーションミッションについてお伝えしていきます。

\ガルプラを日本語字幕付きで視聴!/

ABEMA公式サイトへ>>

※追っかけ再生・見逃し配信もできます!

 

「ガールズプラネット999(ガルプラ)」6話ネタバレ

ガルプラ6話では、新たに「コンビネーションミッション」がスタートします!

コンビネーションミッションのチーム分け・課題曲などの詳細は、こちら↓↓

 

>>ガールズプラネット999(ガルプラ)コンビネーションミッションチーム分け課題曲とベネフィット!

キッド

ここからはネタバレが含まれるので、まだ視聴していない方はお気をつけください!

コンビネーションミッション詳細

マスターの、ヨ・ジングさんからこれまでのCELLは解体されることが伝えられました。

これからは個人戦となり、今後はプラネットガーディアンの投票によって各グループの順位が決まり、下位のメンバーから脱落することになります。

そして、新たなミッション「コンビネーションミッション」について発表がありました!

【コンビネーションミッションのルール】

  • 3人チーム、6人チーム、9人チームに分かれ、同じ人数のチーム同士で戦う
  • マスターによって勝敗を決定
  • 勝利チームに与えられるベネフィットは27万点
  • ベネフィットをチーム人数で割る形になるため、3人チームはライバルが多い分、個人のベネフィットが高くなる

 

コンビネーションミッションチーム決め

今回は、第1回生存者発表式で1位のCELLから、好きな曲を選ぶ権利が与えられました。

各チームには、それぞれK・C・Jの人数制限があり、3人チームは1人ずつ、6人チームは2人ずつ、9人チームは3人ずつとなります。

人気曲はやはり早くメンバーが埋まってしまうため、後半のメンバーは選択肢が減ってしまいます…。

無事にチーム分けが終わり、ここで第2回順位発表での脱落者の人数が発表されました。

次の脱落者は、30人!(各グループから10人)

そして、今回もプラネットパスがあり、マスターの選択によって各グループ1名ずつ(計3人)が救済されます。

各グループのランキングで9位~18位が脱落となるので、かなりの人数ですよね…。

 

「VVS」チームの練習

VVSチームは、イ・チェユンちゃん、リャン·ジャオちゃん、嘉味元 琴音ちゃんの3人チーム。

リーダー決めでは、フー・ヤーニンちゃんのようにお姉さんであるジャオちゃんが立候補したのですが、琴音ちゃんもやってみたいと挙手。

ヤーニンちゃんのようにはいかなかったジャオちゃん(笑)

韓国語ができないということで、琴音ちゃんにリーダーをお願いすることになりました。

ジャオちゃんはラップは初めてですが、直観で「VVS」を選んだそう。

ですが、実際に曲を聞いてみると、なかなか理解できず苦戦します。

 

「We Are」チームの練習

We Areチームは、キム・ボラちゃん、ウェン・ジャちゃん、永井 愛実ちゃんの3人チーム。

3人共ラップは避けたいと思っていた中で、ラップ曲に当たってしまい溜め息ばかりが漏れます。

また、韓国語で作詞をすることになり、愛実ちゃんはさらに苦戦。

各々が作詞したパートを披露することになったのですが、愛実ちゃんは言葉を発することができませんでした。

「もう最後かもしれない。だけど、2人には残って欲しいから足を引っ張ることになるかも…」と、どこまでも人思いな愛実ちゃん!

 

「マフィア」チームの練習

マフィアチームは、ホ・ジウォンちゃん、フー・ヤーニンちゃん、坂本舞白ちゃんの3人チーム。

ましろちゃんがIZTYの曲を選ぶという、最高にエモい展開になりました!(ましろちゃんは、ITZYのメンバーと共に練習生時代を過ごしていました)

ましろちゃんは、ヤーニンちゃんをリーダーに…と思っていましたが、ヤーニンちゃんがましろちゃんを推薦。

最初は緊張からか言葉が少なかったのですが、それぞれが意見を出し合い、「ロック」というコンセプトもバッチリ決まりました。

ましろちゃんが、「平和なチームにしたい」と言っていましたが、とても雰囲気の良いチームになっていると思いました。

 

「No Excuse」チームの練習

「No Excuse」チームは、キム・スヨンちゃん、ヤン·ズーグァちゃん、江崎ひかるちゃんの3人チーム。

スヨンちゃんとひかるちゃんはダンスのイメージが強いですが、ズーグァちゃんはボーカルが強いイメージ。

ですが、今回は新たな一面を見せたいということで、ダンス曲を選択したそうです。

とりあえず、それぞれがダンスのフリを考えてみるのですが、ズーグァちゃんはこれまでダンスのフリを考えた経験がないため、少し2人と温度差が出てしまいます。(ここちょっと、編集に悪意があるようにも見えました)

でも、スヨンちゃんとひかるちゃんは前回EXOチームで一緒で、チームの和を乱すようなことはしたくないと思っていたので、みんなに気遣いながら、ダンスのフリ付けを進めていきました。

 

「All About You」チームの練習

「All About You」チームは、チェ・イェヨンちゃん、ファン・シンチャオちゃん、櫻井美羽ちゃんの3人チーム。

ボーカル力に定評のあるイェヨンちゃんをリーダーに、曲について話し合いが行われました。

そこで3人の意見として曲調を少し変えたいと提案したところ、スタッフから「全く違う曲になってしまう」と指摘されてしまいます。

ここで自分たちの曲の解釈の仕方が間違っていたことに気づき、すぐに修正しようと取り組んでいました。

 

「MY HOUSE」チームの練習

「MY HOUSE」チームは、ソ・ヨンウンちゃん、ワン·ヤーラちゃん、桑原 彩菜ちゃんの3人チーム。

6~7年ほど音楽を習っていたというヤーラちゃんが自ら立候補し、リーダーを担当することになりました。

そして、ハーモニーと合わせようと3人で一緒に歌ってみるのですが…ヤーラちゃんがなかなか合わずに苦戦してしまいます。

ヨンウンちゃんがここを変えてみたら?と提案してみたのですが、「それぞれのスタイルがあるから…」とヤーラちゃんに受け入れてもらえず…。

中間チェックを前に思うように練習が進まず、ヨンウンちゃんはインタビュー時に涙してしまいます。

一方で、スタッフから「ハーモニーはうまきできると思いますか?」と聞かれたヤーラちゃんは、「もちろんです!」と自信満々。

少しメンバーに温度差が感じられました。

 

「縁」チームの練習

「Fate(縁)」チームは、チェ・ユジンちゃん、カン・イェソちゃん、シェン・シャオティンちゃん、スー・ルイチーちゃん、山内若杏名ちゃん、メイちゃんの6人チーム。

キリングパートには、ユジンちゃん、ルイチーちゃん、メイちゃんが立候補。

イェソちゃんはお姉さんたちを前に恐縮していたのですが、ユジンちゃんがそんなイェソちゃんの気持ちを汲み取ってイェソちゃんの手を上に挙げてあげていたのが印象的でした。

立候補者が1フレーズを踊り、全員一致でキリングパートはイェソちゃんに決定しました。

 

「Missing You」チームの練習

「Missing You」チームは、アン・ジョンミンちゃん、イ・ヘウォンちゃん、チョウ・シンユーちゃん、リョン・チェクインちゃん、川口ゆりなちゃん、久保玲奈の6人チーム。

物静かなメンバーの多いチームですが、TOP9で1位に輝いたゆりなちゃんがいるということで、みんな安心できると話していました。

キリングパート決めでは、それぞれが1フレーズを歌い、投票でゆりなちゃんが担当することになりました。

ですが、スタッフと音合わせをしている時に、今のキーでは低すぎるということで、キーをあげてみたところゆりなちゃんは苦戦してしまいます。

 

「My Sea」チームの練習

「My Sea」チームは、キム・チェヒョンちゃん、チョン・ジユンちゃん、シュイ·ズーインちゃん、リー・イマンちゃん、野中紗奈ちゃん、坂本志穂菜ちゃんの6人チーム。

IUのこの曲は音程が高いのですが、練習中のジユンちゃんのキレイな歌声が、他の部屋にまで届き、みんなビックリ。

このチームには、マスターに歌声を褒められた紗奈ちゃんもいるのですが、紗奈ちゃんは他のメンバーと自分を比べ、自信をなくしかけていました。

チェヒョンちゃんが「大丈夫だよ」と声をかけてくれるのですが、ジユンちゃんを前にいつもの自分を出せない紗奈ちゃんがいました。

 

「Ice Cream」チームの練習

「Ice Cream」チームは、キム・ダヨンちゃん、ヒュニン・バヒエちゃん、グイン・マヤちゃん、チェン・シンウェイちゃん、シュイ・ニエンツーちゃん、ウー・タミーちゃん、岸田莉里花ちゃん、池間琉杏ちゃん、藤本彩花ちゃんの9人チーム。

リーダーには、ダヨンちゃんとシンウェイちゃんが立候補し、投票でダヨンちゃんに決定!

ダヨンちゃんが振付も担当するのですが、みんながそれぞれ引き立つような振付にすると話していました。

 

「Salute」チームの練習

「Salute」チームは、ユン・ジアちゃん、キム・へリムちゃん、キム・ドアちゃん、ツァイ・ビンちゃん、ジャン・ルオフェイちゃん、ジアイちゃん、早瀬華ちゃん、新井 理沙子ちゃん、島 望叶ちゃんの9人チーム。

リーダーには、ツァイ・ビンちゃんとヘリムちゃんが立候補。

過去にアイドルの振付などの経験があることから、ツァイ・ビンちゃんがリーダーを担当することになりました。

そして、キリングパートには、ツァイ・ビンちゃんとジアちゃんが立候補。

どちらも甲乙つけがたいのですが、投票でツァイ・ビンちゃんに決定しました。

 

「We Are」チームのステージ

コンビネーションミッションがスタート!

今回は、特別マスターとしてラッパーのウ・ウォンジェさんが参加。

豪華なゲストの登場に、みんなとても嬉しそうでした。

実は、中間評価の時にもウォンジェさんが参加していました。

うまくやろうとしている時は硬くなっていた3人ですが、途中から目を合わせて笑いながら歌っているところが良かったと言われ、少し緊張がほぐれた様子。

自信を失くしかけていた愛実ちゃんに、ティファニーさんがもっと自信を持った方が良いとアドバイス。

さらに、ウォンジェさんが「ラップはうまいですよ」と声をかけてくれて、愛実ちゃんに笑顔が戻りました。

「We Are」チームのステージがこちらです!

ステージが終わり、ウォンジェさんは愛実ちゃんに「これからもラップを続けて欲しい」と言葉を掛けました!

マスター陣みんなが笑顔で盛り上がっていて、このチーム力の高さが伺えるステージでした。

 

「Ice Cream」チームのステージ

中間チェックの際、ダヨンちゃんの作ったダンスの振付をマスターに褒められた「Ice Cream」チーム。

ですが、池間琉杏ちゃんが消極的だとソンミさんから指摘を受けました。

プラネットパスで選ばれたのだから…というプレッシャーや、「私で良かったのかな?」という思いがダンスに出てしまったと話す琉杏ちゃん。

自信のない琉杏ちゃんを、ダヨンちゃんがしっかりと支えてくれて、琉杏ちゃんもそれに応えるように一生懸命練習に励んでいました。

「Ice Cream」チームのステージがこちらです。

エネルギー溢れるステージに、マスター陣も参加者たちも大盛り上がり!

ティファニーさんは、ステージが終わると立ち上がって拍手を送っていました。

ソンミさんは、リーダーとしてみんなを引っ張り、そして全員を引き立てる振付を考えたダヨンちゃんを高く評価しました。

そして、琉杏ちゃんに「本当に良かったよ!本当に頑張った。」と声をかけていました。

 

「No Excuse」チームのステージ

「No Excuse」チームは、フリを最初から全て自分たちで制作。

中間チェックでは、ダンスがうまいのはもちろんわかっているが、もう少しアクションを考えてやって欲しいと指摘を受けました。

また、ひかるちゃんは一番最初の決め顔は、この曲には合っていないと言われます。

見ている観客をどんどん引き寄せるようにしなければ、次のステージにはいけない…と言われ、ひかるちゃんが初めて涙を見せました。

実際にアーティストの動画を見て表情をチェックしたり、練習に励んできた3人。

ですが、最終チェックでミスをしてしまったスヨンちゃんは舞台を降りて号泣。

明け方まで練習をして本番を迎えたようです。

「No Excuse」チームのステージがこちらです。

本番ではしっかりと自分の見せ場をクリアしたスヨンちゃん。

また、中間評価で指摘された部分をしっかりと修正し、それぞれが自分ポジションで、しっかりとパフォーマンスすることができました。

 

「Missing You」チームのステージ

キーの変更を告げられ、高音が出ずに苦しんでいたゆりなちゃん。

中間評価では、みんなどこか自信がなく、歌詞を覚えていなかったり、音程を外したりとマスター陣の顔も曇りました。

ゆりなちゃんは、「どうしてこの曲をやると言ったの?」「1位がこれじゃ困るよ」と厳しい声をかけられます。

自分の不甲斐なさに、その場で涙してしまったゆりなちゃん。

そんなゆりなちゃんを気遣い、ずっと声をかけ続けてくれたヘウォンちゃん。

チームで支え合い迎えた本番がこちらです。

終わった瞬間「感動した」と話すティファニーさん。

みんな、「鳥肌が立った」「本当にうまかった」と良い評価ばかりが続きました。

特に、ヘウォンちゃんの歌声が良かったとイム・ハンビョルさんは評価。

そして、中間評価ではラップがうまくできなかったシンユーちゃんは、「全く別人のよう」と褒められました。

ゆりなちゃんもマスターから高評価を受け、今度は嬉し涙を流すことができました。

 

「Fate(縁)」チームのステージ

今回は、「Fate(縁)」チームの中間評価のところで放送が終了となりました。

TOP9が4人もいるということで、マスターからも注目を集めていたチームでしたが、中間評価ではダンスが合っていなかったり、単調なダンスばかりでステージに引き込まれないと指摘されました。

ステージに立った時、キリングパートのイェソちゃんの表情を見て、みんなが「泣いてる?」とざわついていました。

果たして、イェソちゃんの涙の真相は!?

スポンサーリンク

「ガールズプラネット999(ガルプラ)」7話予告

ガールズプラネット7話は、コンビネーションミッションの残りのチームのステージが公開され、勝利チームの発表があります!

そして、さらに新たなミッション「クリエーションミッション」の課題曲が6話の放送終了時に公開されました。

プデュのコンセプト評価と同じで、プラネットガーディアンがメンバーに合う曲を投票。

投票によって課題曲が決まるものと思われます。

曲はこの4曲です。

  • Shake(7人)
  • Shoot!(7人)
  • U+Me=LOVE(7人)
  • Utopia(6人)

次回7話は、2021年9月17日(金)20時20分~となりますのでお見逃しなく!

スポンサーリンク

「ガールズプラネット999(ガルプラ)」6話まとめ

今回は、Mnetのオーディション番組「ガールズプラネット999(ガルプラ)」6話のネタバレ、感想をお伝えしました。

6話は、日本人メンバーの分量が多い回でした。

みんなが悩み、涙し、ツラい思いもたくさんしてきたと思いますが、最後には素敵な笑顔を見ることができて良かったです!

7話の放送も楽しみですね♪

\ガルプラを日本語字幕付きで視聴!/

ABEMA公式サイトへ>>

無料視聴の期間内に解約すれば0円!

注意
本作品の配信情報は2021年9月8日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはABEMAのホームページもしくはアプリをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。