彼女はキレイだった(日本版)1話ネタバレあらすじ感想!(7月6日放送)

彼女はキレイだった(日本版)1話ネタバレあらすじ感想!(7月6日放送)

韓国ドラマ「彼女はキレイだった(かのきれ)」の日本リメイクドラマが、2021年7月6日(火)よる9時からスタート!

さえない太っちょ少年からイケメンエリートへと変身した長谷部宗介(中島健人)と、優等生美女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝風花)。真逆の成長を遂げた2人のラブコメディドラマです。

韓国版が最高のドラマだっただけに、日本版への期待も高まります。

この記事では、「彼女はキレイだった(かのきれ)」日本版の1話ネタバレ・あらすじ・感想をお伝えしていきます。

\今すぐ無料視聴するならコチラ!/

「彼女はキレイだった」を視聴する!

韓国版・日本版どちらも見放題!
無料期間中に解約すれば0円!

彼女はキレイだった(日本版)1話あらすじ

子供の頃、美少女でクラスの人気者だった佐藤愛(小芝風花)は、親友の桐山梨沙(佐久間由衣)と2人暮らし。求職中の28歳の誕生日にバイトをクビになり、今やすっかりダサくなった自分の容姿や、何もかもうまくいかない人生に激しく落ち込む。
そんなある日、アメリカへ引っ越した初恋の相手・長谷部宗介(中島健人)から、「帰国するので会いたい」とメールが届く。気弱で太っていたことから、いじめられっ子だった宗介。しかし、愛は彼の優しい一面が大好きで、2人は両思いだった。
久しぶりの再会に胸を躍らせる愛だったが、待ち合わせ場所にいた宗介は、昔の面影などまったくない洗練されたクールな男に成長していた。それに比べて自分は——。幻滅され、嫌われることを恐れた愛は、急きょ、代役として梨沙を宗介の元へ向かわせる。
相手がニセモノの愛だとは知らず、再会を喜ぶ宗介。懐かしい思い出がよみがえり、またあの頃のように一緒にいたいと願う宗介に、愛は明日からイギリスに留学すると告げる。それは、楽しかった思い出を残したまま、もう会わないと決めた愛の悲しいウソだった。
それからしばらくして、大手出版社に採用された愛は、ファッション誌『ザ・モスト』の編集部で働くことになる。樋口拓也(赤楚衛二)の指導のもと、自分とは無縁の華やかな世界に戸惑いを隠せない愛。そのうえ、売上が低調な雑誌を立て直すためにやってきたクリエイティブディレクター兼副編集長が、なんと宗介で…。

彼女はキレイだった(日本版)1話の見どころ!

キッド

韓国版ドラマを見た私が、日本版1話の見どころを解説します!

1話のあらすじを見たところ、韓国版の「彼女はキレイだった」と同じようなスタートになっています。

予告動画で出てくる、破れた靴下を隠すシーンは、韓国ドラマでは中盤に出てきますが、これを先に持ってきたということは、ストーリー展開はかなり早いのかな?という印象です。

日本ドラマは大体が9話~11話構成になっているので、それはしょうがないですよね。

私は、韓国版の靴下を隠すシーンで涙してしまったのですが、日本版ではどのように表現されるのか楽しみです。(もう、愛の気持ちを考えると胸がギューっと苦しくなります…)

普段、仕事をしている時はドSの宗介ですが、幼い頃の愛を思い出す時はすごくかわいい笑顔を見せます。

1話では、この中島健人さんのギャップが私が注目している一番の見どころです。

また、中島健人さん自身は「エレベーターのシーンが一番のキュンキュンポイント」だと話していました!

「大人の壁ドン」!こんなパワーワードありますか!?

これは、要注目ポイントですね。

あと、一番驚いたのが、宗介の幼い頃の子役の男の子が、韓国版にとっても似ています!

幼い頃の、宗介と愛のやり取りに気持ちがほっこりするので、ぜひ子役ちゃんたちの演技にも注目したいです。

日本版ドラマのキャストについては、こちらの記事に、まとめています↓↓

⇒彼女はキレイだった日本版キャスト相関図を韓国版と比較!

スポンサーリンク

彼女はキレイだった(日本版)1話ネタバレ

「彼女はキレイだった」日本版ドラマ1話のネタバレです。

まだ視聴されていない方、ネタバレを知りたくない方は気を付けてください!

ピンキー

宗介との再会

幼い頃は、美人の母親似の美少女だった愛(小芝風花)。

だが、思春期を迎えた頃から父親に似てきて、今では昔の風貌はどこへやら…。

すっかり自分に自信が持てないようになってしまった。

 

そんな愛のもとへ、小学生の頃に仲の良かった宗介(中島健人)からメールが届く。

宗介は愛がひそかに思いを寄せていた幼なじみで、アメリカへ引っ越して以来、会えていなかったのだ。

久々の宗介との再会に心躍る愛。

 

いざ、宗介との待ち合わせの場所に行ってみると…

そこには、愛の知っているぽっちゃり宗介とは正反対の、イケメンになった宗介が立っていた。

あまりの宗介の変貌ぶりに、今の自分では会えないと思った愛は、親友でルームメイトの梨沙(佐久間由衣)に自分の代わりに宗介に会って欲しいとお願いする。

 

愛の身代わりとなった梨沙に会い、喜ぶ宗介。

だが、このままでいけないと思った愛は、梨沙に明日イギリス留学に立つと嘘をついてもらう。

もう、宗介とは会わない…。

愛はこれで良かったのだと自分に言い聞かせていた。

 

宗介とすぐに再会

バイトをクビになり、再就職先を探していた愛のもとに、出版社から採用の連絡がきた。

大喜びし、初出勤を迎えた愛。

配属先は総務部だったのだが…ひょんなことから、3か月間だけ雑誌「MOST」編集部に出向することになる。

朝、出勤をした愛は驚愕!

なんと、そこには新たな副編集長として就任した宗介の姿があったのだ。

宗介と同じ部署で働くことになってしまった愛は、仕事を辞めると言い出すが、せっかく決まった仕事を投げ出してはダメだと梨沙に諭される。

 

宗介と大接近!

宗介と同じ部署で働く愛は、気が気でなかった。

できるだけ会わないようにしていたのだが…

なんと、エレベーターで宗介と乗り合わせてしまった!

目の前にいる人物の名前が「佐藤愛」だと知った宗介だが、まさか自分の初恋の相手だとは思ってもいない。

 

そんな時、運悪く停電になりエレベーターの中に宗介と2人きりで閉じ込められてしまう。

閉所恐怖症で気が動転してしまった愛の耳に、イヤホンを差し込む宗介。

こうして音楽を聴くと気持ちが落ち着くから…

実は、これは小学校時代に事故を目撃して気が動転してしまった宗介に、愛がしてあげたことだったのだ…。

あの時の記憶がよみがえる愛。

だけど、自分が愛だと名乗り出ることはできなかった。

 

宗介から罵倒される愛

MOST編集部員として、雑誌の撮影現場に入った愛。

だが、慣れない仕事で、周りに迷惑をかけてしまう。

それを見ていた宗介に、愛はひどく怒られてしまう。

 

それ以来、宗介は愛のことを名前ではなく「総務部」と呼ぶようになる。

その宗介の態度に、愛は「私の名前は総務部ではありません!」とつい言ってしまう。

すると、宗介は愛のネームプレートを手にして「この名前が気に入らない」と言って立ち去ってしまう…。

ショックを受ける愛。

「私が好きだった宗介はもういない…。」愛はそう思った。

 

ウソがバレた!?

打ち合わせで外に出ていた宗介。

帰ろうとした時、目の前にイギリスに行ったはずの愛(身代わりの梨沙)の姿が…。

宗介の姿に気づいた梨沙は、固まってしまう。

スポンサーリンク

彼女はキレイだった(日本版)1話感想

「彼女はキレイだった」1話を見た感想です。

韓国オリジナルが大好きな私ですが、本家に寄せているところもあれば、日本版らしさもあって良かったと思いました。

「この名前が気にいらない」って言われた時の愛の表情が、1話の中では特に印象に残りました。

初恋の人に、あんな風に言われたらショックどころじゃないですよね…。

小芝風花さんの表情がすごくせつなくて、こっちまで心がギューってなる感じ!が、すごく良かったです。

そして、何よりも再現性が高かったのが、編集長!!

編集長にLILICOさんを選んだ人、グッジョブです。もう、あの役はLILICOさんじゃないとできないですw

あと、このドラマでは赤楚さんが演じる先輩がすごく重要な役割を担うのですが、赤楚さんのあのチャラい感じが良かったです!

今まで、赤楚さんには好青年っていうイメージを持っていたのですが、こういう役もお似合いだな~って思いました。

2話から、早速4人の恋が加速していくようですが、赤楚さん演じる樋口先輩に注目していきたいです。

 

では、他の視聴者さんの感想もご紹介します。

キッド

評判は上々ですね!ほんと、次回放送が楽しみです♪
スポンサーリンク

彼女はキレイだった(日本版)2話のあらすじ

「彼女はキレイだった」2話(次回放送)のあらすじがこちらです。

愛(小芝風花)に扮(ふん)し、宗介(中島健人)に留学先のイギリスにいるよう装った梨沙(佐久間由衣)だったが、仕事中に偶然、宗介と遭遇。とっさの言い訳でその場は何とか切り抜けるが、このままでは自分が愛でないこともすぐに気付かれてしまうと焦る。しかし、すでに宗介のことを吹っ切って仕事に打ち込む愛には相談できず、梨沙は自分で何とかしようと心に決める。

『ザ・モスト』編集部では、読者の興味を引く企画を打ち出せない編集部員たちに、宗介がイライラを募らせていた。一方で、自身は海外の一流デザイナーに接触を図り、ライバル誌に打ち勝つための起爆剤となる企画を準備していた。愛もまた、相変わらず厳しい言葉を連発する宗介に反発しながらも、自分に与えられた仕事をまっとうしようと、ファッションやメークの勉強を開始。そのかいあって、次第に唯子(片瀬那奈)たち編集部員に認めてもらえるようになり、樋口(赤楚衛二)も、そんな愛をやさしく見守る。

そんななか、愛は、帰国直前のデザイナーにアポイントを取りつけた宗介のサポート役として、一緒に空港へ向かうことに。ところが、移動中の車内で宗介がとんでもないことに気づく…!

引用元:「彼女はキレイだった」公式サイト

スポンサーリンク

「彼女はキレイだった」 1話ネタバレあらすじ感想まとめ

今回は、「彼女はキレイだった」(日本版)1話のネタバレ・あらすじ・感想をお伝えしました。

自分に自信を持てない愛が、ついてしまった1つのウソ。

これが、後々いろんな人を巻き込んでいってしまいます。

これから一緒に働くことになった愛と宗介は、いったいどうなってしまうのか!?2話が楽しみです!

\今すぐ無料視聴するならコチラ!/

「彼女はキレイだった」を視聴する!

無料期間中に解約すれば0円!

注意
本ページの情報は2021年6月時点のものです。
最新の配信状況は FOD公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。