関西ジャニーズのRIDE ON TIME(ライドオンタイム)シーズン3の1話ネタバレ感想!関ジャニ/WEST/なにわ男子/リトカン/Aぇgroup

関西ジャニーズのRIDE ON TIME(ライドオンタイム)シーズン3の1話ネタバレ感想!関ジャニ/WEST/なにわ男子/リトカン/Aぇgroup

2020年10月23日から、「RIDE ON TIME」のシーズン3がスタート!

初回の放送では、関西ジャニーズ(関ジャニ∞・ジャニーズWEST・なにわ男子・Lilかんさい・Aぇ!group)に密着し、全4話が放送されます。

1話(エピソード1)では、コロナ禍において関西ジャニーズ勢が実現させたビッグプロジェクトの様子を放送。

では、関西ジャニーズの「RIDE ON TIME」1話のネタバレ・感想をご紹介していきます!

\今すぐ関西ジャニーズの動画を無料視聴/

RIDE ON TIMEを無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

 

「RIDE ON TIME」を無料視聴する方法を詳しく知りたい方はこちら↓↓

関西ジャニーズのRIDE ON TIME(ライドオンタイム)シーズン3動画を無料視聴!Netflixやyoutubeでも見れる?関西ジャニーズのRIDE ON TIME(ライドオンタイム)シーズン3動画を無料視聴!Netflixやyoutubeでも見れる?

『RIDE ON TIME』関西ジャニーズ 1話あらすじ

まずは、『RIDE ON TIME』関西ジャニーズ編・1話の予告あらすじをご紹介!

2020年、新型コロナウィルスの影響によってエンターテインメントの世界も大きな打撃を受けている。アイドルとしてステージに立ち、ファンに幸せや関西ならではの笑いを届けてきた彼らも、ライブや舞台の中止を余儀なくされた。
先の見えない状況の中でも「エンターテインメントの力で、生まれ育った街、大阪から日本を元気にしたい」と、故郷への恩返しの気持ちを込めて、彼らはある一つのプロジェクトをスタートさせた。
題して『Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~』。
そのプロジェクトとは、2020年7月28日“なにわの日”に万博記念公園で行われた総勢70名以上の野外ライブを皮切りに、無観客生配信ライブを行うというもの。そしてそのステージは、自分たちを育ててくれたホームグラウンド、大阪・松竹座へと続いていった。

番組が密着取材をスタートしたのは7月上旬。この日は関西ジャニーズJr.の人気ユニット、なにわ男子のリハーサルが行われていた。道枝駿佑は、「自粛期間で溜まっていた部分を大放出する場でもあるので、成長した姿を見て欲しいなと思います」とカメラに向かって熱い意気込みを語った。
ライブのリハーサルが続く中、関ジャニ∞の大倉忠義は合間にも一人、振付の確認に余念がない。そんな先輩の姿を間近で見ていた後輩たちは、何事にも手を抜くことなく真剣に取り組む姿勢を改めて学び、気を引き締めていく。この先輩から後輩へと受け継がれていく縦の繋がりこそが、関西ジャニーズの伝統なのだ。そして、安田章大は「色んな人が関わってくれているなって感じがしました。スタッフの方々の気持ちを台無しにしないようにステージに立たないとね」とスタッフへの感謝の思いを語った。

8月に入り、いよいよ松竹座の本番を迎えようとしていた。しかし、その直前、大倉は体調不良により本番を欠席する事になってしまう。この頃の大倉は大阪でのライブリハーサルに加え、東京でのドラマ撮影などが重なり、多忙を極めていたのだ。これまでも幾多の困難を乗り越えてきた5人だが、大倉不在の中、果たしてどんな生配信ライブをファンに届けるのか?村上信五は「ジャニーさんがハプニングを楽しめるようにならないとダメだ。慌てるんじゃなくどう対応するかが大事だって言われました」と語った。
大倉の不在をカバーし、観客に笑顔をもたらすことは出来るのか。そしてその先輩の姿は、後輩たちの目にどのように映っていたのか?関西ジャニーズ一丸となって駆け抜けた、真夏の闘いを追う。

引用元:FOD

スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』関西ジャニーズ 1話ネタバレ

では、『RIDE ON TIME』シーズン3で放送された、関西ジャニーズ編・1話のネタバレです。

まだご覧になっていない方は、FODプレミアムで配信されているのでそちらをチェック!

変わり果てた街

2020年。あの時、街から人が消えた。

東京も、大阪も。そして、街は火が消えたように静かになった。

彼らは考えた。わずかでもいい…生まれ育った街を元気にしたい。

 

7月28日。なにわの日。

ステージで歌い踊ったのは、関西から巣立ったアイドルと、その卵たち、総勢70人以上。

そのライブは5年後、再び大阪にやってくる万博を盛り上げる目的もあった。

彼らがこんなにもはじけたのには、訳があった。

今年は、彼らも苦渋に満ちた時を過ごした。

コンサートは軒並み中止となり、活躍の場を失ったからだ。

 

関西ジャニーズの拠点

そんな彼らには、元気を届けたい場所がもう1つあった。

彼らを育ててくれた、大阪・松竹座。

夏になっても、閉ざされたままになり…客席から歓声は消え、ここで働く人たちも苦境に直面していた。

そこでこの夏、5つのグループが無観客の生配信ライブを行うことに。

それは、先輩から後輩へ、伝統が受け継がれる時間でもあった。

 

関西を拠点とするジャニーズの始まりは、1990年代後半のこと。

2004年には関ジャニ∞が、2014年にはジャニーズWESTがCDデビュー。

だが、2年ほど前、関西のジャニーズJr.にはユニットも存在せず、アイドルを目指す若者たちは目標を見失いかけていた。

見かねて手を差し伸べたのが、あの2人。

 

関ジャニ∞の、大倉忠義と横山裕。

大倉が歌と踊りをプロデュースし、横山が笑いの演出などを買って出た。

その中から、キラキラアイドル路線を突き進む「なにわ男子」。

全員高校生の「Lilかんさい」。

バンドと笑いを得意とする「Aぇ!group」。

3つのユニットが誕生した。

彼らにとってこの夜も、大きな勉強の機会だった。

 

関ジャニ∞という大きい存在

万博記念公演でのライブ、前夜。

大阪城ホールで行われたリハーサル。

5つのグループ、全てが集まって練習できるのは、一度きりだ。

今回、大倉は曲目の構成にも深く携わっていた。

関ジャニ∞は、最年長のグループ。

その姿を、後輩たちが見つめていた。

 

バラエティコーナーのリハーサルでも、その場の空気を引き締めていたのは、関ジャニ∞のメンバーたち。

なごませる術も心得ている。

大倉は、ひたすらフリの確認を繰り返す。

この頃、大倉は連続ドラマの撮影も抱え、ギリギリの状態で参加していた。

忙しすぎて、自然と痩せたという大倉。

 

彼らを支えてくれる人たち

それでも、彼らにはいつも意識している存在がある。

安田「すごい色んな人が関わってくれているなって感じがしました。僕たちがステージに立てていること自体が(スタッフのおかげであることが)ファンの皆さんに伝わらない環境化ですからね。スタッフの方々の気持ちを台なしにしないようにステージに立たないとね。」

この日は、357人ものスタッフが彼らを支えていた。

スポンサーリンク

大切な教え

そして迎えた本番。

大倉は、Jr.のちびっこが見つめる前で、最後までフリの確認。

大倉は疲れなどみじんも感じさせず、そのパフォーマンスをファンに届ける。

だが…限界だったに違いない。

松竹座での生配信ライブの欠席を、余儀なくされた。

ところが、このことがまた一つ大切な教えを、後輩にもたらすことになった。

 

関ジャニ∞の4人に慌てた様子はない。

ダンスのフォーメーションや歌うパートの変更も、淡々とこなしていく。

プロである以上、どんな時も待っている人を楽しませる。

急きょ、予定になかった大倉のソロ曲を追加。

客席も、大倉のメンバーカラー、緑に染めた。

顔入りTシャツも制作。

 

これまで主に大倉が面倒を見ていたJr.の子どもたちを、安田が代わりになごませる。

大倉(のぬいぐるみ)に見守られる中、幕は上がった。

グループとして、幾多の困難を乗り越えて来た5人。

どんなピンチも力に変えてきた。

 

無観客という壁

一方、横山はこのライブに1つ大きな壁を感じていた。

「無観客ライブに生配信の良さはあると思うんですけど、僕らは実際にお客さんが入っている状況に慣れているというか、あの空間を知ってしまっているから、あの時間を味わっちゃうと、何物にも変えられないなっていうのが本音です。」

それを痛感したのが、自身が演出したコントコーナーだった。

笑いに不可欠な、観客の反応が一切ない。

しかも、次に無観客に挑むのは、「Aぇ!group」と「Lilかんさい」

ライブの中身は、ほとんどがコントという厳しさだった。

 

コントライブの準備は、すでに7月から始まっていた。

「Lilかんさい」と「Aぇ!group」が挑む、コントが中心の生配信ライブ。

無観客という壁をどう乗り越えるのか。

 

競争意識

主役の「Aぇ!group」は、バンドもやる6人組。

みんな濃いキャラクターの持ち主だ。

横山は、それもコントの設定に活かすことにした。

役どころは、”人気が出て天狗になったアイドル”。

そんな「Aぇ!group」に絡むのは、テレビディレクターとAD役には、Jr.からこれまであまり脚光を浴びてこなかった2人(奥村颯太と岡佑吏)を、横山は抜てきした。

アイドルの卵として、さらに自分も上に行きたいという思いが彼らを頑張らせる。

横山が選んだ2人の頑張り。それが、競争意識を生んでいた。

同期の頑張りに、「Aぇ!group」の小島は「岡佑吏とかセリフが多くなって、面白い部分が増えるのはうれしいけど、負けてられへんなっていう。奥村とかも、セリフめちゃくちゃ多いじゃないですか。セリフ多いけど、次の日には全部覚えてきて、俺も台本見ながらやっていたからあかんわとか思ったり。俺も頑張らなあかんってなりますね。刺激を受ける存在です。」と話していた。

その切磋琢磨が、受け継がれてきた伝統だ。

 

リハで何が!?

コントの生配信ライブ、当日。

横山が東京での仕事のため不在の中、最終リハーサルが行われることになった。

AD役として横山に抜てきされた岡。

そして、ディレクター役の奥村。

それは、2人の場面直後のこと。

リハーサルの様子を見ていた横山から電話がかかってきた。

何が起こったのか…。

▼次回2話ネタバレはこちら▼

関西ジャニーズのRIDE ON TIME(ライドオンタイム)2話ネタバレ感想!関ジャニ/WEST/なにわ男子/リトカン/Aぇgroup関西ジャニーズのRIDE ON TIME(ライドオンタイム)2話ネタバレ感想!関ジャニ/WEST/なにわ男子/リトカン/Aぇgroup
スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』関西ジャニーズ 1話感想

関西ジャニーズのライドオンタイム1話を視聴された方の感想をご紹介します。

スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』関西ジャニーズ 1話まとめ

今回は『RIDE ON TIME』シーズン3で放送された関西ジャニーズ編・1話のネタバレ、感想をご紹介しました。

1話から、関西ジャニーズの魅力が詰まりまくってました。

以前、シーズン1で関ジュの密着があったのですが、あれが2年前だったので、それから考えるとJr.のみんなの成長がめまぐるしい!

そして、やっぱりエイトのみんなのチーム力だったり、指導力のすごさを感じた回でもありました。

次回は、無観客配信の本番へ!リハの時に、かかってきた横山くんの電話の内容が気になりますね…。

\今すぐ関西ジャニーズの動画を無料視聴/

RIDE ON TIMEを無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

注意

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムの公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。