RIDE ON TIME(ライドオンタイム)美少年2話ネタバレ【エンターテインメントの原点】(12月6日放送)

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)美少年2話ネタバレ【エンターテインメントの原点】(12月6日放送)

2019年12月6日放送の『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』は、美 少年の密着・2話目!

美少年の6人は、アメリカ・ロサンゼルスへと向かい、ジャニーさんが生まれ育った場所でステージに立った。

言葉も通じない地でステージに立ち、美少年のメンバーたちが感じたこととは?

では、『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』美 少年編2話のネタバレをご紹介していきます。

\今すぐ美少年の動画を無料視聴/

RIDE ON TIMEを無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

 

「RIDE ON TIME」を無料視聴する方法を詳しく知りたい方はこちら↓↓

美少年のRIDE ON TIME(ライドオンタイム/ROT)無料動画配信はこちら!再放送の情報も美少年のRIDE ON TIME(ライドオンタイム/ROT)無料動画配信はこちら!再放送の情報も

『RIDE ON TIME』美 少年あらすじ

まずは、『RIDE ON TIME』美 少年編・2話の予告あらすじをご紹介!

王道アイドルになる夢に向かって突き進むジャニーズJr.の6人組ユニット「美 少年」。
全員が10代、そのうち5人が現役高校生という彼らは、メンバー全員が端正なルックスを持ち、ホールコンサートでは2週間で3万人を動員するほどの人気を誇る。太鼓や扇子など和の要素を取り入れ世界を意識したパフォーマンスでファンを魅了するその裏側で、彼らは懸命に自分たちの武器を探す日々を送っていた。

そんな美 少年は、今年8月、故・ジャニー喜多川の生まれ故郷であり、エンターテインメントの本場であるアメリカ・ロサンゼルスへと旅立つ。1930年代から行われているフェスティバル「二世週日本祭」に参加し、2つのステージでのパフォーマンスに挑む為だ。偶然アメリカに滞在していた嵐の松本潤も駆けつけ、大切なのは演じる側の気持ちだとアドバイスをくれた。美空ひばりも子供時代に立ったことのある特別な舞台で、ユニットのセンターの一人、歌が得意な岩﨑大昇は美空の歌を披露することになっていた。「よいものを皆さんに届けたい。ジャニーさんにもよく聞こえるように。」と入念にリハーサルを行う岩﨑。果たして彼の思いは届くのか。

まだ若い彼らが、これからアイドルとして生きていく上で何が大切なのか、自分自身と向き合い、迷いながらも懸命に今を駆け抜ける少年たちのひと夏の成長をお届けする。

引用元:FOD

スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』美 少年2話ネタバレ

では、『RIDE ON TIME』シーズン2で放送された、美 少年編2話のネタバレです。

まだご覧になっていない方は、FODプレミアムで配信されているのでそちらをチェック!

前回1話のネタバレはこちら↓↓

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)美少年1話ネタバレ【想いよ届け!】(11月29日放送)RIDE ON TIME(ライドオンタイム)美少年1話ネタバレ【想いよ届け!】(11月29日放送)

アメリカ・ロサンゼルスへ

この夏、一組の少年たちがアメリカ・ロサンゼルスを旅した。

その名は、アイドルユニット”美少年”。

大切な人から受け継いだ、エンターテインメントとは何かを見つめ直す旅。

今、飛躍の時を迎えている美少年。

彼らの特徴は、和と洋を融合させたパフォーマンス。

チャレンジ精神で成長を続ける6人には、今、学ぶべきことがある。

人に想いを伝えるために、大切なことは何か?

それをアメリカで感じたかった。

 

美少年が2つのステージに

日系人が多く住むロサンゼルスで、毎年8月に行われる祭り。

”二世ウィーク ジャパニーズ・フェスティバル”

日本と日系人の文化を祝う記念行事だ。

そこに日本のアイドルとして、美少年も参加。

2つのステージでパフォーマンスを披露することになっていた。

 

1つ目のステージに上がる朝。

少年忍者の織山尚大を伴ってきた、美少年の前に意外な人が。

偶然アメリカに滞在していた嵐の松本潤。

「英語、大丈夫?」と声をかけられ、メンバーたちは苦笑い。

というのも、この日のステージ、挨拶も英語でしなければならない。

しかもステージは、広場に作られたシンプルなもの。

きらびやかな照明もない。

 

嵐・松本の助言

エンターテインメントの原点ともいえるステージ。

6人の実力が試される。

しかし、彼らが得意とする扇子のパフォーマンスを披露するのも、難しい状況だった。

風の影響を受け、上手くコントロールできない。

さらに観客との間に柵が設けられ、ステージの熱を伝えるのも難しい作りだ。

どう観客と一体感を保つのか。

助け船を出したのが、経験豊富な松本。

大切なのは、演じる側の気持ちなのだと教えてくれた。

 

いざ、ステージへ!

開演の時間がやって来た。

まず、アマチュアミュージシャンがプロはだしの歌を披露。

プロとして恥ずかしいステージを見せるわけにはいかない。

 

いよいよ出番。先輩が見守る中、始まった。

まずは得意の早着替えで観客を驚かす。

そして、扇子を使ったパフォーマンス。

何とかクリア。出だしはうまくいった。

先輩たちのヒットメドレーで盛り上げる。

しかし、どこかまだ観客との一体感が足りない。

 

6人は先輩のアドバイスに従って客席へ。

すると観客との距離が近付き、美少年のことを知らないアメリカの人たちも反応を示してくれるようになった。

最後は美少年のオリジナル曲で勝負。

メンバーが前に来るように声をかけ、柵の前へと集まるたくさんの観客。

言葉が違えど、想いが強ければつながることができる。

スポンサーリンク

素顔の美少年

次のステージは明日。

雑誌の取材も兼ね、つかの間の観光に。

ふだんは学校と稽古場を往復する毎日。

いざ本番となれば、大きなプレッシャーとも戦っている。

だが、素顔はどこにでもいる男の子。

 

二世ウィークに出るきっかけ

美少年が、二世ウィークに出演することになったのは岩﨑の一言がきっかけだった。

「ジャニーさんに、ショーとかも勉強して、アメリカに行きたいんだよねって話したら、めっちゃジャニーさん笑ってたんですよ。”何言ってんのよ”みたいな。”やばいよ”みたいな。

”ちょっと待ってね”つって、そのスケジュールを見ながら、ジャニーさんが”分かった。君たちが行きたいって言うんだったら行こう”つって、”その代わり、しっかりやってこないと”つって。」

その時、確認したスケジュールが二世ウィークの日程に他ならなかった。

 

1934年に始まった二世ウィークは、青春時代をアメリカで過ごしたジャニーさんにとって特別なものだった。(ジャニーさんは、生後間もない頃と、16歳から20代前半までアメリカで過ごした)

移民としてアメリカに渡った日本人たちは、壮絶な苦労を重ね、その地に根を下ろしていった。

そんな日本人の心のより所になったのが、二世ウィーク。

祭りの中で催される、エンターテインメントの原点とも言える歌や踊りに、誰もが心を癒された。

 

ジャニーさんの生まれ育った地へ

2日目に上がるステージは、当時二世ウィークでショーが行われた場所だ。

高野山別院。

実はこのお寺こそ、ジャニーさんが生まれ育ったところ。

父親が僧侶を務めていたこのお寺には、移民たちが集まった。

そこで日本を懐かしみ、娯楽も楽しめる場所としてステージまで作られていた。

 

原点ともいえる場所に立った6人は、感慨深げだ。

英語での挨拶を任された那須は緊張気味。

さらに真剣な表情になっていたのが、岩﨑。

ジャニーさんに勧められて歌い始めた美空ひばりの歌を、この日のステージでも披露することになっていた。

実は、美空ひばりが子供時代、アメリカでツアーを行った際、このお寺のステージで歌ったのだという。

さらにその時、ショーを手伝ったというのが…彼らを育てたジャニーさんだった。

 

リハーサルを重ねる岩﨑

まもなくリハーサル。

リハーサルを終えた岩﨑は、納得がいかない様子だ。

もう一度。その後も何度か歌ったが、まだ納得がいかない。

7回目。

「いつもと違う環境なんで、いっぱい頑張って、こだわって練習して、いいものを皆さんに見せようという一心でやってしまいました。ジャニーさんにも、よく聴こえるように…という一心です。」と語った岩﨑。

全て出し切るのが、ジャニーさんの教え。

 

本番スタート!

まずは那須の挨拶から始まる。

そして、1曲目を岩﨑が歌う。

歌い始めて1年以上、最新、大切なことがわかりかけてきたという岩﨑。

 

そして6人は、ジャニーさんが送り出したヒット曲を、原点の地に刻むかのように歌っていた。

メンバー全員の表情から、やりきったという思いが溢れていた。

この夜の歌はどうだったのか。

「僕的には…2点ぐらいなんですけど。」という岩﨑に、音響スタッフさんが「満点なんて、そうそうあるもんじゃないよ。」と声をかける。

「こいつがダメなんですよ…こいつが…」と自分の胸を叩く岩﨑。

だが現地スタッフが「みんな喜んでたし、結構こっちの人から”すごいよかった”って言われたから、それでいいのよ。伝わってんのよ。」と言ってくれた。

 

新たな旅へ…

そして、彼らは最後の目的地、エンターテインメントの本場へと向かっていた。

美少年の6人が最後に訪れたのは、ラスベガス。

世界最高峰のショーを見た。

彼らの旅は、始まったばかりだ。

【END】

スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』美 少年2話まとめ

今回は『RIDE ON TIME』シーズン2で放送された美 少年編・2話のネタバレをご紹介しました。

ジャニーさんが生まれ育った場所でステージに立つことができた美少年。

嵐・松本くんからのアドバイスもしっかり取り入れ、ステージで観客と1つになることができていました。

まだ10代。これから、どれだけ大きなグループに成長していくのか…楽しみです!

\今すぐ美少年の動画を無料視聴/

ライドオンタイムを無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

注意

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムの公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。