RIDE ON TIME(ライドオンタイム)関西ジャニーズJr.3話ネタバレ【結束のとき】(2月22日放送)

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)関西ジャニーズJr.3話ネタバレ【結束のとき】(2月22日放送)

2019年2月22日放送の『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』は、関西ジャニーズJr.の密着3話!

いよいよ年末のクリスマス公演に挑む、関西ジャニーズJr.たち。

だが、初日から色々と思うようにいかず、公演も折り返し地点に入った頃、その結束力が乱れる出来事が起こる…。

では、『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』関西ジャニーズJr.編・3話のネタバレをご紹介していきます。

\今すぐ関ジュの動画を無料視聴/

RIDE ON TIMEを無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

 

「RIDE ON TIME」を無料視聴する方法を詳しく知りたい方はこちら↓↓

関西ジャニーズJr.(関ジュ)のライドオンタイム動画フルを無料視聴!再放送情報も関西ジャニーズJr.(関ジュ)のライドオンタイム動画フルを無料視聴!再放送情報も

『RIDE ON TIME』関西ジャニーズJr. 3話あらすじ

まずは、『RIDE ON TIME』関西ジャニーズJr.編・3話の予告あらすじをご紹介!

いま、関西で絶大な人気を誇る関西ジャニーズJr.。そんな彼らに用意された舞台は、昨年末に大阪松竹座で行われたクリスマスコンサート35公演。なにわ男子のリーダーで、ハイトーンボイスが魅力の大橋和也は、マライア・キャリーの名曲「恋人たちのクリスマス」をコンサートの冒頭にソロで歌うという大役に抜擢された。高音で歌うことが要求される難しい曲だが、公演の成否を分けるオープニングの一曲を果たして大橋は歌い上げることができるのか?

そして、本番の幕が開ける。しかし、公演も折り返し地点に入った頃、その結束力が乱れる出来事が。デビューを目指し、ときに家族のように助け合いながら切磋琢磨してきた彼らに、何が起きたのか―。

番組はさらに、ギターを武器に公演を盛り上げる正門良規のギター練習にも同行。「アイドルというフィルターを超える、何かをつかみたい」と、ひたむきにギターに向き合う正門の姿も紹介する。

引用元:FOD

スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』関西ジャニーズJr. 3話ネタバレ

では、『RIDE ON TIME』シーズン1で放送された、関西ジャニーズJr.編・3話のネタバレです。

まだご覧になっていない方は、FODプレミアムで配信されているのでそちらをチェック!

前回1話・2話のネタバレはこちら↓↓

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)関西ジャニーズJr.1話ネタバレ【新しい風】(2月8日放送)RIDE ON TIME(ライドオンタイム)関西ジャニーズJr.1話ネタバレ【新しい風】(2月8日放送) RIDE ON TIME(ライドオンタイム)関西ジャニーズJr.2話ネタバレ【夢の舞台】(2月15日放送)RIDE ON TIME(ライドオンタイム)関西ジャニーズJr.2話ネタバレ【夢の舞台】(2月15日放送)

大阪松竹座でのクリスマス公演

この日、大阪を拠点に活動するアイドルグループが、新たな門出の時を迎えた。

関西ジャニーズJr.とそこから生まれたユニット、なにわ男子。

間もなくにせまったクリスマス公演で、その真価が問われる。

 

大阪松竹座で行われるクリスマス公演は、1か月で35公演。

関西ジャニーズJr.総力を挙げての挑戦。

果たして彼らは、どんな舞台を創り上げるのか。

 

大橋のハイトーンボイス

初日を前に、誰よりも緊張していたのが、なにわ男子のリーダー大橋和也。

今回のコンサートの冒頭、あのマライア・キャリーの名曲「恋人たちのクリスマス」を、ソロで披露することになっていた。

かなりの高音が要求されるその歌を歌うことが決まったのは、稽古中のことだった。

 

5日前のこと。

舞台の構成・演出を担当する関ジャニ∞の大倉が、大橋の持ち味であるハイトーンボイスに目をつけたのだ。

心配なのは最後の高音。

彼らが成長するために、少しでもハイレベルなことをと大倉は考えていた。

 

クリスマス公演初日

迎えた初日。最後の追い込み。

大倉と大橋は、高音で歌い上げるサビの部分の確認をひたすら繰り返していた。

バラエティコーナーの構成・演出を担当した横山。

楽曲を提供した安田。そして村上も駆けつけた。

 

いよいよコンサートの幕が開く。

心配した大倉も舞台袖に。

大橋がマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」を歌いきれるのか。

誰もが、かたずをのんで見守っていた。

結局、一番重要なサビの部分を高音を保ったまま歌い上げることはできなかった。

だが、やり直しはきかない。それが舞台。

初日、誰にも満足した様子はなかった。

もちろん大橋にも。

スポンサーリンク

悔いの残る舞台

公演後、自分が出だしを失敗したことで、今日の公演全体が盛り下がったと感じていた大橋。

「大倉くんが求めた…求めてくれたものを、十分に発揮できなかったっていう、自分のあれがちょっと嫌でしたね。これから色んなことあると思うんすけど、まあ自分の試練やと思って、自分の精神の鍛えが悪いっすね。」

大橋は、そう語っていた。

 

楽屋の通路では、反省会が行われていた。

大倉や横山が期待をかけてくれているからこそ、これから1か月、一人一人が自分を高めていかなければならない。

 

正門のギター

クリスマス公演がある中、別の仕事も入っている。

この日は、ラジオのレギュラー。

メンバーは、なにわ男子の藤原、大橋、高橋、そしてギターを武器にステージを支える正門良規。

実直な男だ。

仕事に合わせて黒髪にした正門と、ギターの練習を撮影するため待ち合わせした時も…15分以上前には到着していた。

ギターは初め、独学で覚えたが、Jr.の活動に役立つならとプロのレッスンを受けた。

 

この日、正門たちのバンドの様子を見に、大倉がやって来た。

彼らの力を先輩はどう評価するのか?

大倉「すごい!」

費やした時間はウソをつかない。

 

大橋の決意

一方この夜、大橋は週に一度のボーカルレッスンを受けていた。

なにわ男子の歌を引っ張る立場として、その責任を強く感じている。

大橋は事務所に入って9年。

ずっとデビューを目指してきた。

なにわ男子は4年ぶりに誕生したユニット。

絶対失敗に終わらせたくなかった。

 

室の挑戦

そしてこの日、関西ジャニーズJr.最年長の室龍太も、独自の道を切り開こうとしていた。

室は2月に行われる舞台に、落語家の役で出演することが決まっていた。

緊張もひとしおだ。

この先、関西ジャニーズJr.が変わろうとしていることを、この時まだ誰も知らなかった。

スポンサーリンク

なにわ男子は前に進めている?

12月中旬。1か月の公演も折り返し地点。

すでに次の大舞台への準備も始まっていた。

正月、大阪城ホール2デイズ。

疲労感より充実感が勝る。

 

だが一方で、連日公演が続く中、慣れが生じているメンバーがいるのではないか。

藤原には、そんな懸念があった。

なにわ男子は、日々前に進めているのだろうか?

 

そんな時だった…

藤原の元に、バラエティ―コーナーのネタを提案しに来たメンバーがいた。

奥村颯太。

事務所に入って6年。地道に努力してきた。

ツヤのある声の持ち主で、笑いのセンスもなかなかのもの。

そんな奥村が、ネタをいくつも考えてきたのだ。

そして、その日の舞台で早速、自らの努力で笑いをつかんだ。

なにわ男子のメンバーにも、それを伝えたかった。

 

メンバーからの喝

終演後…

藤原がメンバーを一部屋に集めた。

聞こえてきた声には、怒りがこもっていた。

藤原「いや、もうどういう意識でやってんのかが分からへん。なにわとしてやっていくのか、それとも、もういいわ別にって思ってるんやったら、もうそれはやめてくれ。

奥村くんとか佐野くんとか、バラエティーのために、めっちゃ一生懸命考えてきてんねん。俺、昨日連絡して、1個考えてっつったら、3つ4つ考えてきた。

1言ったらみんな3~4返ってくんねん。お前ら、1やって何返してきた?何もないやろ。」

西畑「やってる意味あんのかな。このグループ…。やる必要…ないねん。」

 

話が終わり、メンバーたちが帰っていく。

西畑「グループとしてのゆゆしき事態には、なってると思うんで…今。」

スタッフ「言いたくないことも、言ったんすか?さっきは。」

西畑「はい。でも、もうグループなんで。こっちとしては、やっぱ心苦しいんですけどね。まあ…伝わってればいいなって思います。」

大橋「どう変わるかっすよね。あの子たちもやし、俺たちも。上のメンツも。」

 

それぞれの成長へ

翌日。各々が、発声練習やダンス練習に励んでいた。

長尾「言われたことは当たってるので、楽屋でのんびり寝てても何も成長できないと思うんで、ここで練習した方が伸びるかなと思ってやってます。」

道枝「ありがたかったです。ちゃんと怒ってくれるんやなとは、思いましたね。」

大切なのは、自分がどこを目指しているのか、それを思い出すこと。

 

そして、公演も終わりに近づいたクリスマスイブ。

ここまで大橋は毎日、コンサートの冒頭で「恋人たちのクリスマス」にめげることなく挑んできた。

そしてこの日、あのサビの部分を、大橋を高音を保ったまま歌い上げた。

▼次回4話ネタバレはこちら▼

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)関西ジャニーズJr.4話ネタバレ【Our dreams】(3月1日放送)RIDE ON TIME(ライドオンタイム)関西ジャニーズJr.4話ネタバレ【Our dreams】(3月1日放送)
スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』関西ジャニーズJr. 3話まとめ

今回は『RIDE ON TIME』シーズン1で放送された関西ジャニーズJr.編・3話のネタバレをご紹介しました。

1か月35公演というクリスマス公演に挑む、関西ジャニーズJr.。その中で、メンバーからやる気を指摘されるという出来事がありました。

でも、これはすでに彼らがグループとして活動していて、お互いを仲間だと思っているからこそ。

しっかりと前向きに捉えて前に進もうとする、なにわ男子の姿がしっかりと映し出されていました。

次回は、関西ジャニーズJr.の密着最終回!

変わっていく関西ジャニーズJr.。涙なしでは見れない、神回とも言われる密着内容になっています。

\今すぐ関ジュの動画を無料視聴/

ライドオンタイムを無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

注意

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムの公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。