キスマイ(Kis-My-Ft2)のRIDE ON TIME(ライドオンタイム)1話ネタバレ【未知の舞台へ】(2月14日放送)

キスマイ(Kis-My-Ft2)のRIDE ON TIME(ライドオンタイム)1話ネタバレ【未知の舞台へ】(2月14日放送)

2020年2月14日放送の『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』は、キスマイ(Kis-My-Ft2)への密着、第1話。

今回の放送では、キスマイの玉森、北山、藤ヶ谷の個別の仕事を中心に放送。

さまざまな重圧と戦いながら、成長を遂げていく3人の姿を要チェック!

では、『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』キスマイ(Kis-My-Ft2)編1話のネタバレをご紹介していきます。

\今すぐキスマイの動画を無料視聴/

RIDE ON TIMEを無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

 

「RIDE ON TIME」を無料視聴する方法を詳しく知りたい方はこちら↓↓

キスマイ(Kis-My-Ft2)のライドオンタイム動画をyoutube以外で無料フル視聴!再放送情報もキスマイ(Kis-My-Ft2)のライドオンタイム動画をyoutube以外で無料フル視聴!再放送情報も

『RIDE ON TIME』キスマイ(Kis-My-Ft2) 1話あらすじ

まずは、『RIDE ON TIME』キスマイ(Kis-My-Ft2)編・1話の予告あらすじをご紹介!

今年デビュー10年目を迎える7人組グループ「Kis-My-Ft2」。メモリアルイヤーを目前に控え、ますます活躍の場を広げる彼らの7カ月を追う。
昨年12月、玉森裕太はドラマで料理人を演じていた。あるシーンの撮影で、野菜の入った大きなカゴを手に持つ玉森。撮影の合間、スタッフが代わりに持とうとするが、カゴを手放そうとしない。この仕事に向き合う姿勢の原点にはデビュー前の苦い記憶があった。「後輩が先にデビューしたときは精神的にも結構しんどかった。でも結果それがバネになって腐らずにできた」と当時を振り返る。
藤ヶ谷太輔はミュージカルに初挑戦。多くの女性を魅了する男が真実の愛を知る物語で、主人公を演じる。稽古では、ミュージカル独特の発声を一から学んだ。加えて、スペインが舞台の物語の為、フラメンコのステップも覚えなくてはならない。藤ヶ谷は「初めてだから全部が難しい」と苦戦しながら稽古を重ねる。迎えた千秋楽、「ミュージカルが大好きなジャニーさんが稽古期間中に亡くなってどうしようと思ったけど、よくShow must go onと言っていたので全公演走り抜くことができた」とこみ上げる思いをこらえながら語り、観客の前でたまらず涙をこぼした。
また、北山宏光が挑んだ主演舞台にも密着。個人としてもグループとしてもさらに飛躍を遂げる彼らの日々に迫る。

引用元:FOD

スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』キスマイ(Kis-My-Ft2) 1話ネタバレ

では、『RIDE ON TIME』シーズン2で放送された、キスマイ(Kis-My-Ft2)編・1話のネタバレです。

まだご覧になっていない方は、FODプレミアムで配信されているのでそちらをチェック!

キスマイの功績

2019年、年末。彼らは、憧れの舞台に立とうとしていた。

ローラースケートを履く7人組、Kis-My-Ft2。

通称”キスマイ”。

彼らは結成15年目にして、初めて紅白歌合戦の舞台にたどり着いた。

王道でも、王子様でもない、彼らだけが歩んだ道がある。

 

自らを王道ではないと語るキスマイには、とりわけ大切にしてきたフィールドがある。

バラエティー番組だ。

笑いに包まれた番組を通して、7人の顔を覚えた人も少なくはないだろう。

 

アイドルという世界で、彼らの存在は大きい。

去年行われた5大ドームツアーでは、約60万人を動員。

ジャニーズでは、嵐に次ぐ記録だ。

シングルは、デビュー以来、25作連続でチャート1位を獲得してきた。

 

個性豊かなメンバー

グループで最年長、MCも担当するリーダー的存在、北山宏光。

グループの在り方にも、人一倍こだわりがある。

 

グループのセンター、玉森裕太。

愛嬌のある表情と、繊細な雰囲気を併せ持つ。

 

クールだが、内に熱い思いを秘めているのが、藤ヶ谷太輔。

グループのセクシー担当。

 

更にキスマイには、大きな特徴がある。

メンバー7人のうち、4人が作るユニット。

その名も、”舞祭組(ぶさいく)”

 

最年少の、千賀健永。

ダンスの実力は折り紙付きで、振り付けを担当することもある。

 

そんな千賀の横で、食い入るように画面を見ているのは、横尾渉。

日々、オンエアチェックを欠かさない、研究熱心な男は、さまざまな特技を持っている。

ある企画では、プロをもうならせる俳句名人として人気を得ている。

 

二階堂高嗣。

後輩思いの彼は、この日のメイクも後輩の控え室。

”ニカ兄”と呼ばれ、愛されている。

 

そして、ムードメーカーの宮田俊哉。

明るい性格で、気配りの男でもある。

そんな7人が、それぞれ歩き出した道とは…。

 

玉森の思い

12月、玉森はドラマの現場にいた。

演じるのは、一流ホテルの若き料理長。

玉森がドラマや映画の世界に飛び込んだのは、10年ほど前。

役に対する思いをかいま見せたのは、ある待ち時間。

手に小道具となる野菜の箱を持っている時だった。

重たい小道具をずっと持ち続けている玉森のことを心配し、スタッフが声をかける。

だが、玉森はそのままでいいと言うのだ。

その真意を聞くと…

「小道具も、その自分のお芝居のアイテムじゃないですか。何か買った食材の袋にしろ、それこそその時だったら包丁とかフライパンとか。

まあ小道具だし、あんまり離れたくないなっていう感覚なのかな?自分の中から。

あんまり気にしなさすぎて、わかんなかったけど。」と答えた玉森。

この仕事に向き合う姿勢の原点には、デビュー前の苦い思い出がある。

 

キスマイが結成されたのは、Jr.時代の2005年。

デビューの日を待ち続けたが、先にデビューしたのは後輩だった。

「JUMPの方が先にデビューした時は、結構しんどかったっすね。精神的にも、僕だけじゃないし。グループの他のメンバーも同じ思いだったと思うんですけど。

でも結果、それがバネになって、腐らずにできたきっかけでもあったんで、さらに1個、火がちゃんとついたような。

悔しいのと、負けない頑張ろうって、同時に思えた瞬間は特にそこかなとは思いますね。」

スポンサーリンク

北山の思い

9年前のコンサート。

デビューは、突然知らされた。

 

北山がアイドルになった経緯は意外なものだった。

もともとの夢は、プロサッカー選手。

だが、たまたま入った高校の同級生に、すでにアイドルとして活躍している山下智久がいた。

自分もやってみたいと、無謀にもこの世界に飛び込んだ。

そのチャレンジ精神が、北山の原動力だ。

 

そんな北山が、去年の秋に挑んだのが舞台「THE NETHER」。

演じたのは、仮想空間で起きる犯罪を取り締まる捜査官。

稽古場には、毎日誰よりも早く入った。

 

北山がグループを離れて1人で仕事をする時、肝に銘じている思いがある。

「個人仕事もグループないとできないし、最終的にはまあ、グループのためにやってる感はあるけどね。みんな、そうだと思うよ。ホントに自分のこと考えちゃったら、バラバラになっちゃうよ。

グループあるから、ドラマ出れるし、映画も出れるし。

だってさ、何でもない7人でさ、どうやったら人気になるかなってとこから考えてさ、CDデビューできるようになってさ、東京ドームでできるようになってさ。バラエティーもみんなでやっててさ。

めっちゃ、やりがいあるじゃん。」

 

藤ヶ谷の思い

この冬、藤ヶ谷も演じるという仕事に打ち込んでいた。

演じたのは、家具作りに人生を懸ける青年の役。

繊細なカンナさばきには、集中力が求められるが、本番でしっかりとクリア。

 

藤ヶ谷には、11歳で事務所に入って以来、褒められると嬉しかった人がいる。

この世界での育ての親、その人は、ミュージカルが好きだった。

そして去年、藤ヶ谷はミュージカルに挑んだ。

多くの女性を魅了する男が、真実の愛を知る物語。

その主人公を演じる。

物語の舞台は、スペイン。

フラメンコも身につけなければならない。

 

厳しい稽古中の楽しみは食事。

とはいえ、体を絞る必要があるため、食べられるのはサラダのみ。

更に藤ヶ谷を苦しめたのが、ミュージカル独特の発声。

 

初の主演ミュージカル「ドン・ジュアン」。

それは、舞台の幕が上がり、出番が近づいた時だった。

藤ヶ谷が初めて、カメラを止めた。

そして…

千秋楽のカーテンコールで、藤ヶ谷が涙ながらに語ったのは、あの人への感謝だった。

「ジャニーズですから。あの…ホントに、ほらジャニーさんはさ、ミュージカル大好きだったから。ちょうど稽古中かな。亡くなっちゃったのが。

ちょっとまあ…いろいろこう…どうしようかなと思ったけど…、ジャニーさんがよく”Show must go on”って、言ってたんで、何とか30公演、走りぬくことができたのかなと思ってます。」

この舞台の稽古が始まってから、重圧のためカメラを向けても、ほとんど語ることのなかった藤ヶ谷が、ようやく秘めていた思いを口にした。

「怖かったっすね。でも何かやっぱり、ジャニーさん見守ってくれてるんだろうなって、ずっと思ってたんで、何かこう耐えて耐えて、逃げずに挑戦してよかったなっていう感じですね。

何より、このカンパニーに出会えたことが、一番幸せっすね。ありがとうございました。」

去っていく藤ヶ谷は、最高の笑顔を見せた。

▼次回2話ネタバレはこちら▼

キスマイ(Kis-My-Ft2)のRIDE ON TIME(ライドオンタイム)2話ネタバレ【僕らの覚悟】(2月21日放送)キスマイ(Kis-My-Ft2)のRIDE ON TIME(ライドオンタイム)2話ネタバレ【僕らの覚悟】(2月21日放送)

スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』キスマイ(Kis-My-Ft2) 1話まとめ

『RIDE ON TIME』シーズン2で放送されたキスマイ(Kis-My-Ft2)編・1話のネタバレをご紹介しました。

今回は、玉森くん、北山くん、藤ヶ谷くんのそれぞれの仕事ぶりに密着。

途中で、最愛の恩師・ジャニーさんが亡くなるという辛い出来事もありましたが、ジャニーさんから教わったことをしっかりとやり遂げる姿は、さすがでした。

次回、2話は二階堂くん、千賀くん、横尾くん、宮田くんの4人に密着!こちらも、見逃せません!!

\今すぐキスマイの動画を無料視聴/

ライドオンタイムを無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

注意
本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムの公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。