RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SixTONES1話ネタバレ【6つの原石】(12月13日放送)

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SixTONES1話ネタバレ【6つの原石】(12月23日放送)

2019年12月13日放送の『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』は、SixTONES(ストーンズ)の密着がスタート!

2020年1月22日にデビューを控えた、大人気グループのSixTONES。

今回、ライドオンタイムではデビュー発表の3ヶ月前から密着していた彼らの姿を全4話に分けて放送。

では、『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』SixTONES(ストーンズ)編の1話ネタバレをご紹介していきます。

\今すぐSixTONESの動画を無料視聴/

RIDE ON TIMEをFODで無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

 

「RIDE ON TIME」を無料視聴する方法を詳しく知りたい方はこちら↓↓

SixTONES(ストーンズ)のライドオンタイム動画フルを無料視聴!再放送の情報もSixTONES(ストーンズ)のライドオンタイム動画フルを無料視聴!再放送の情報も

『RIDE ON TIME』SixTONES(ストーンズ)あらすじ

まずは、『RIDE ON TIME』SixTONES(ストーンズ)編・1話(エピソード1)の予告あらすじをご紹介!

2020年1月22日にデビューを控えるジャニーズきっての個性派集団「SixTONES(ストーンズ)」。結成5年目の彼らは、ジャニーズJr.でありながら、今年行われた全国3都市のアリーナツアーでは動員数13万人以上を記録。また、ジャニーズ初の試みとなるジャニーズJr.チャンネルでの配信が人気を博し、YouTubeが世界各地で展開する「YouTubeアーティストプロモ」キャンペーンに、ショーン・メンデスやBTSと並び日本のグループとして初抜てきされるなど、まさに破竹の勢いを続けている。

そんなSixTONESのメインボーカル・京本大我は、グループの活動以外にも飛躍を遂げた。自らオーディションを受け、チケットが日本一入手困難と言われるミュージカル『エリザベート』のヒロインの息子ルドルフ役を勝ち取った。元々人前に立つことが苦手だった京本だが、ミュージカル界のトップスターたちと同じステージで歌唱力や表現力を磨き、「やりたいことが見つかった場所でもある。」と語る。

今年8月、ついにデビュー発表がなされたSixTONES。その3カ月前から密着を開始していたカメラは、デビューという飛躍の時に向かって突き進む彼らの姿を追う。

引用元:FOD

スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』SixTONES(ストーンズ)1話ネタバレ

では、『RIDE ON TIME』シーズン2で放送された、SixTONES(ストーンズ)編・1話のネタバレです!

まだご覧になっていない方は、FODプレミアムで配信されているのでそちらをチェック!

SixTONES~6つの原石~

ダンスのポジションでモメる6人組。

その様子は部活のノリだ。

やんちゃで自由奔放な彼らの名は、SixTONES(ストーンズ)。

YouTubeが行うアーティストプロモキャンペーンに、日本で初めて抜てきされた規格外のジャニーズJr.だ。

キャンペーンで制作されたミュージックビデオは、公開10か月で、再生回数1,000万回を記録。

”ジャニーズをデジタルに放つ新世代”と呼ばれ、話題を呼んだ。

従来のアイドル像とは一線を画した挑戦的なパフォーマンスで、見る者の心をザワつかせてきた。

 

実力と人気を兼ね備え、長年最もデビューに近い存在とされてきた。

ところが本人たちは…

ジェシー「そろそろ来るって言われてもう13年ですよっつって。もう14年目ですよ。」

田中「俺らでいいの?みたいな。見る人、大丈夫?みたいな。満足する?と思いますね。平野紫耀とか、ここに置いておいたほうがいいんじゃない?」

デビューが決定する前、そう語っていた彼らだが…

 

8月8日。ついに、その時が来た。

同じ、ジャニーズJr.のSnow Manと共に、2020年同時CDデビューが決まった。

やっとたどり着いたこのステージ。

デビュー決定前から発表後まで、原石たちの8か月。

 

大阪城ホール公演

令和が始まった、5月1日。

雨の中、1万5千人の観客が彼らを待っていた。

この6人だけで大阪城ホールの舞台に立つのは初めてのこと。

くしくも4年前の同じ5月1日に、SixTONESは結成された。

ジャニーズJr.として、デビュー組のバックで踊っていた彼ら。

ファンの声に押され、単独公演ができるまでになった。

そして、今日は特別な日。

 

メンバーは、6人それぞれがユニークだ。

いつも陽気なSixTONESのメインボーカル、ジェシー。

最年少のムードメーカー、森本慎太郎。

知的なツッコミ役、松村北斗。

最年長、なのにいじられキャラ、髙地優吾。

ジェシーと共にメインボーカルを務める、京本大我。

そして、ほおっておくとバラバラなメンバーをまとめるMC担当、田中樹。

メンバー全員が10年以上、ジャニーズJr.として走り続けてきた。

 

令和の初日だろうが、結成日だろうが、ファンのためにいつもと変わらぬ全力のパフォーマンスを届けたい。

MCも好評。

実力と人気を兼ね備えたSixTONES。

デビューを待ち望まれていた彼らだが、この時期、気持ちは揺れていた。

スポンサーリンク

SixTONESの複雑な思い

SixTONES結成日であるこの日、ファンの間ではデビューが発表されるのではないかとささやかれていた。

しかし本人たちは、”デビュー”という言葉に複雑な思いをのぞかせた。

松村「こう見えても、もう年的には大人だからね。俺ら、みんな。」

森本「そうなんだよね。」

松村「もうね。大器晩成すればいいけどねっていう、最後の願いのチャンス中ですよね。」

スタッフ「デビューまで時間かかってるなっていう、そういう思いもあるんですか?」

松村「でも、別にデビューが何かその…何を目指してるかっていう視点にもよるのかな。」

森本「確かに大事ですけど。デビューすることは。でも、そこがゴールじゃないから、どれだけ時間がかかったとしても、結局目標に向かってちゃんと進むことが大事なんじゃないですか。マラソンとかもそうだけど。」

松村「こういうこと考えると、暗くなるんですよね。だから結構、雑誌のインタビューとかで多いんですよ。”デビューについてどうお考えですか?”とか。何かいっつもね、何て答えるべきなのか…。」

ジェシー「しかも、北斗と髙地は、1回デビューみたいな感じではあったもんね。」

松村「手前まで行ってたんだけど、ちょっとやっぱ未熟すぎたね。未熟すぎて…。」

ジェシー「でも、逆にSixTONESで良かったじゃん。」

松村「そうね。」

髙地「そうね。今、思うとね。」

ジェシー「自由にできてるから。」

髙地「それこそ、一生気を使って生きてたんだろうなって思うよね。」

ジェシー「面白いな。人生ってマジ。面白いよね。だって、俺たちもこうなるとは思ってはないじゃん。とりあえず、目の前のことをやっていこうっつった結果が、こうなってるんで。うれしい。」

デビューだけに執着せず、今は目の前のことを懸命にやる。

 

個を大切に

5月。YouTube撮影。

彼らの認知度を上げたのが、去年から始まったユーチューブ配信。

撮影にも積極的。

個性豊かな6人の掛け合いが人気だ。

最近は、個別の活動も増えて来た。

先輩(A.B.C-Z)の冠番組の収録。

SixTONESのMC担当、田中。

1人でバラエティ番組に出るのは、これが初めて。緊張気味だ。

さまざまなジャンルに挑戦して、自分を磨く。

一芸に秀でることの大切さは先輩たちの背中を見て学んだ。

 

京本の本音

個性派集団として高みを目指す、SixTONES。

そのメインボーカルを務めるのが、京本大我。

伸びやかな高音と、確かな歌唱力を持つ。

写真撮影では…根は飾らない性格だが、プロとして自分の映り方には気を配る。

 

京本は11歳の時にスカウトされ、事務所入り。

前に出るのが苦手な性格だったが、歌うことが好きでここまで続けてきた。

SizTONESの結成から4年、”仲間たちと一緒に上り詰めたい”という思いも強い。

京本は4年前、トップスターたちが集まるミュージカルの舞台に飛び込んだ。

オーディションを受け、ヒロイン・エリザベートの息子・ルドルフ役を勝ち取った。

日本で最もチケットが入手困難と言われる「エリザベート」。

ミュージカル界の名だたるスターが集う。

そうそうたる顔ぶれに囲まれながら、京本は歌唱力や表現力を磨いてきた。

京本にとって3度目の「エリザベート」だが、”これで完成”ということはない。

 

初めて挑戦した時は、演出家から猛特訓を受けた。

この経験が京本の強みだ。

自分のやりたいことを見つめ、その武器を磨いてきた。

ささやかれるデビューについては、冷静に捉えていた。

 

スタッフ「自分にとってデビューというのは、どのへんにありますか?もう近いところに位置していますか?」

京本「デビューが近いっていう感覚は持たないようにしてます。それはもう14年目になりますし、今まで何回もそういうきっかけはありましたけど、デビューするかもっていう雰囲気が出て、いざ発表されたらいないとか。何度も何度もそういう経験はしてきて、今に至るんで。多分そこで自分らで予感しちゃった瞬間で、もう離れてくんですよね。”もう俺らデビューだなこの感じだと”とか、思い出したらもう…多分デビューの神様は、”こいつら天狗だな”みたいな。”こいつら、もうダメだな”ってなっちゃうから。本音ですけど、俺はしたくないっす。俺は。こう求められる形が変わっていったりとか、自分たちの知らない自分たちになってくことが、ちょっと怖い自分がいるんですよね。いつも何か悩んだりとか、立ち止まる…壁にぶつかるたびに6人で解決してきたので。じゃあ、3人とか4人とか5人、デビューしたいって思ってるなら、俺はついていくし、うん…。」

 

長い間、Jr.として走り続けてきた。

そこから飛び立つ時、何かが変わってしまうのだろうか?

それでも6人で旅を続けていれば、たどり着ける場所があるかもしれない。

▼続きの2話ネタバレはこちら▼

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SixTONES2話ネタバレ【デビューの波】(12月20日放送)RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SixTONES2話ネタバレ【デビューの波】(12月20日放送)
スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』SixTONES(ストーンズ)1話まとめ

今回は『RIDE ON TIME』シーズン2で放送されたSixTONES(ストーンズ)編のエピソード1のネタバレをご紹介しました。

それぞれにデビューに対しての思いを語っていたストーンズ。

14年という月日の間、彼らがさまざまな気持ちを抱えるようになっていたことが、その言葉から感じ取れました。

文字だけでは伝えきれない6人の感情。ファンの人はもちろんのこと、いろんな方に映像を見てもらいたい内容になっていました!

SixTONESの密着は、次回にも続きます。

\今すぐストーンズの動画を無料視聴/

ライドオンタイムを無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

注意

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムの公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。