RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan3話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月22日放送)

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan3話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月22日放送)

2019年3月22日放送の『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』は、Snow Man(スノーマン)に密着した3話目!

太鼓でセンターを任された、佐久間・目黒・向井の3人。高速回転する「メカ太鼓」に3人はどのように挑むのか!?

また、滝沢秀明が魅せてきたフライングを引き継ぐ宮舘、後輩に積極的に指導する佐久間くんの強い願いが語られます。

では、『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』Snow Manの3話ネタバレをご紹介していきます。

\今すぐ動画を無料視聴/

RIDE ON TIMEをFODで無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

 

「RIDE ON TIME」を無料視聴する方法を詳しく知りたい方はこちら↓↓

SnowMan(スノーマン)のライドオンタイム動画をNetflix以外で無料視聴!滝沢歌舞伎ZERO密着映像SnowMan(スノーマン)のライドオンタイム動画をNetflix以外で無料視聴!滝沢歌舞伎ZERO密着映像

『RIDE ON TIME』Snow Man(スノーマン)あらすじ

まずは、『RIDE ON TIME』スノーマン編・3話(エピソード3)の予告あらすじをご紹介!

この春の「滝沢歌舞伎ZERO」の主演に大抜擢された、ジャニーズJr.の人気ユニット、Snow Man。
初日が近づくにつれ、稽古は激しさを増していく。体を動かす稽古のみならず、メンバーは白塗りや隈取といった歌舞伎独自の化粧にも初挑戦。しかも、本番ではわずか8分の間に化粧を仕上げなければならず、そのプレッシャーは計り知れない。そして重要な演目、太鼓でセンターを任された佐久間大介、向井康二、目黒蓮の前に、高速回転する3人乗りの巨大装置「メカ太鼓」も登場する。

また、これまで滝沢秀明が魅せてきたフライングを引き継ぐ宮舘涼太は「越えていきたいのは今までの自分」と語る。滝沢が演じてきたものを、Snow Man一人一人が引き継ぎ、更なる高みを目指さなければならない。その責任と自覚が、メンバー全員に芽生えてきていた。それを表すかのようにいつもは明るいムードメーカーの佐久間が、稽古場では積極的に後輩を指導。その根源には観客全員に熱を届けたい、感動させたいという佐久間の強い願いがあった。
そしていよいよ、Snow Manは初日を迎える歌舞伎発祥の地、京都に入る。

引用元:FOD

スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』Snow Man(スノーマン)3話ネタバレ

では、『RIDE ON TIME』Snow Man(スノーマン)3話のネタバレです!

まだご覧になっていない方は、FODプレミアムで配信されているのでそちらをチェック!

前回1話・2話のネタバレはこちら↓↓

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan1話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan1話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月8日放送) RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan2話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月15日放送)RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan2話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月15日放送)

初日へ向けて

目指す舞台がいかに過酷なものか、その装置が物語っていた。

高速回転に身を任せながら、太鼓をたたき続ける。

ジャニーズJr.の中でも、抜群の身体能力を誇る6人組、Snow Man。

この春彼らに飛躍のための大舞台が用意された。

その挑戦、初日を迎えるのは歌舞伎発祥の地・京都。

舞台の名は「滝沢歌舞伎ZERO」。完成までの道のりには、いくつもの高い壁を乗り越えなければならなかった。

何より彼らには、更なる結束が求められた。

Snow Manをパワーアップさせるため、新たに3人のメンバーが加わり、9人組のユニットとなったからだ。

しかし、一時は稽古のやり方の違いから一人苦しんだメンバーもいた。

関西ジャニーズJr.からやってきた、向井康二だ。

Snow Manに吹いた新しい風。

しかし、「滝沢歌舞伎」を受け継ぐ者として、求められるレベルは限りなく高い。

初日がせまる仲、ひたすら試行錯誤の日々が続いた。

しかし、彼らは初日に向け、さらに高いハードルを超えなければならなかった。

 

初めての挑戦

2019年1月。

この日メンバーは、初めての体験をすることになり、ちょっと緊張気味だ。

歌舞伎の演目に合わせて、カツラのチェックをメイクの練習。

岩本が演じるのは、あの有名な石川五右衛門。

”隈取り”と呼ばれる独特なメイク。大まかな工程だけで15段階もある。

白塗りはもちろん初めてだ。

先生に指導してもらいながら、やってもらえるのはこの日だけ。

本番の時は、一本一本自分の手で筋を引いていかなければならない。

しかも、全ての工程を8分以内に仕上げなければ、出番に間に合わないという。

これにカツラをのせて完成だ。

実はこれ、「滝沢歌舞伎」の歴史の中でもかなり難易度の高い挑戦だった。(タッキー自身も、メイクを自分で描いたことはなかったそう。)

初めての挑戦と聞いて、他のメンバーも気合いが入るが…これがなかなか難しい。

 

メカ太鼓

難しいことに挑戦しているのは、太鼓でセンターを任された向井・佐久間・目黒も同じ。

彼らはこの後、さらにとんでもないものを目にすることになる。

それは、とある倉庫に置かれていた。

太鼓の輪の中心に置かれる装置。名付けて…「メカ太鼓」

3人はこれに乗って太鼓をたたく。

実際に上に上がって、柵が閉じた状態から試してみる。

本番では、このメカ太鼓が高速回転し、背中部分にある柵が倒れてくる時にも、太鼓をたたき続けなければならない。

このメカ太鼓、90度の状態からさらに下に下がっていく。

要求されるのは、腹筋の力。しかも、全体重を足下のフックだけで支えなければならない。

肉体と精神力が試される、究極とも言える演目だ。

メンバーは、もうヘロヘロ。

スポンサーリンク

宮舘の挑戦

同じ日、メンバーの中でただ1人、宮舘もある演目に挑戦していた。

これまで滝沢がやってきた、フライングだ。

滝沢に代わってSnow Manが主役を演じる。

その責任と自覚が芽生えつつあるようだ。

「今までって、できたらできたで終わってた人間だったんですよ。だけど、できてから自分の色をつけたり、自分の見せ方だったりっていうのを、改めて考えさせられて。もう5歩先に行きたい。1歩ではなく、5歩先に行きたいなって。超えていきたいのは、今までの自分ですかね」と宮舘は語った。

 

初日が近づくにつれ、稽古場にも緊張感がみなぎり始めた。

殺陣(たて)の演目に組み込まれた一場面。

2枚の戸板で左右を支えるだけ。くぎも使わない。

全員が集中力を持って臨まなければ、怪我をするおそれもある。

去年まではSnow Manが滝沢を上に乗せ、怪我をさせまいと必死になって支えた。

だからこそ…後輩の指導にも熱が入る。

佐久間「危なさが分かってるからこそ、ちゃんとやんなきゃダメだから。ちょっとでも気抜けてると、ほんとに怪我につながっちゃうんで。やっぱ、いいものはいい、悪いものは悪いって先輩・後輩問わず言いたいとは思ってるんで。よりいいものにするためには、言わなきゃなって思って。言われなきゃ、分かんないのもあるじゃないですか。それ気付けるようになればいいなと思って。」

 

そしてこの日、芝居の稽古をしている時のことだった。

1人の出演者が、集中しきれていないことを指摘された。

ジャニーズJr.の田中誠治。

メインキャストの1人に選ばれた。

休憩時間、真っ先に田中に声をかけたのが佐久間だった。

自分たちも通ってきた道だからこそ…こうして思いは受け継がれていく。

 

Snow Manが正式にユニットになったのは、今から2012年5月3日。

以来、毎回必ず「滝沢歌舞伎」に出演。

彼らにとってそこは、学びの場でもあった。

佐久間が滝沢から何より学んだのは、観客に熱を届けるということ。

作り手の熱量がいかに大切か、佐久間が特にそれを感じているのが、アニメや漫画からだ。

ファンを徹底的に楽しませようとするアニメや漫画。自分の仕事にも繋がるものを感じると言う。

 

果たして彼らは、観客の感情を動かすような舞台を創り上げることができるのか?

3週間に及んだ東京での稽古も終わりに近づいていた。

 

京都入り

1月31日。京都入りは雨。

本番まであと3日。最後の仕上げを急がなければならない。

Snow Manのメンバーが京都入りして、まず始めたのは楽屋作り。

これから1ヶ月間。メンバーにとって、ここが我が家。

メンバーの中でも、楽屋にこだわりを持っているのが渡辺。

ロゴが前に向いていないと嫌だと、几帳面な性格らしい。

メイクによる肌荒れ対策のために、皮膚科で処方してもらったものもしっかり準備。

これほど美容品にこだわるのは、アイドルとしての強い思いがあるからだ。

 

今回の舞台はメンバーそれぞれの個性が輝くよう、演目が練られている。

驚異的な身体能力で魅せる太鼓。

妖艶な女形の舞。

コメディ要素も。

ユニットのメインボーカルを目指す渡辺は、ソロでも1曲。

 

そして、殺陣に勝負をかけるのが宮舘。

自分にしかないものを探した結果、これに辿り着いた。

京都でのつかの間の空き時間、時代劇のセットで雰囲気にひたる。

その世界をとことん愛さなければ、人を動かすほどの熱も生まれない。

 

そして、Snow Manはいよいよその時を迎えようとしていた。

▼続きの4話ネタバレはこちら▼

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan4話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月29日放送)RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan4話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月29日放送)
スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』Snow Man(スノーマン)3話まとめ

今回は『RIDE ON TIME』シーズン1で放送されたSnow Man(スノーマン)のエピソード3のネタバレをご紹介しました。

稽古が進むにつれ、多くの苦難とぶつかりながらも、前へ前へと進むSnow Manのメンバーたち。

それぞれが語る言葉には、「滝沢歌舞伎」への深い愛情と、アイドルとしてのプライドを感じました。

スノーマンの特集は残すところ1回!次回、4話は岩本くんにまさかの危機が…絶対に見逃せない内容になっています。

\今すぐ動画を無料視聴/

RIDE ON TIMEをFODで無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

注意

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムの公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。