RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan4話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月29日放送)

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan4話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月29日放送)

2019年3月29日放送の『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』は、Snow Man(スノーマン)に密着した4話目!

ついに京都・南座で「滝沢歌舞伎ZERO」初日を迎えるスノーマン。

しかし、その前の稽古中に怪我を追ってしまった岩本くん。彼を救ったメンバーの言葉とは?

では、『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』Snow Manの4話ネタバレをご紹介していきます。

\今すぐSnowManの動画を無料視聴/

RIDE ON TIMEをFODで無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

 

「RIDE ON TIME」を無料視聴する方法を詳しく知りたい方はこちら↓↓

SnowMan(スノーマン)のライドオンタイム動画をNetflix以外で無料視聴!滝沢歌舞伎ZERO密着映像SnowMan(スノーマン)のライドオンタイム動画をNetflix以外で無料視聴!滝沢歌舞伎ZERO密着映像

『RIDE ON TIME』Snow Man(スノーマン)あらすじ

まずは、『RIDE ON TIME』スノーマン編・4話(エピソード4)の予告あらすじをご紹介!

ジャニーズJr.の人気ユニット“Snow Man”。
結成から7年、彼らは「滝沢歌舞伎ZERO」の主演を務めるという、大きなチャンスを掴んだ。
「RIDE ON TIME」最終回では、そんな彼らが歌舞伎発祥の地・京都の南座で、いよいよ公演初日を迎える姿を追った。

本番が差し迫った稽古中、メンバーの岩本照は舞台上のハシゴから足を踏み外してしまい、脛に怪我を負ってしまう。本番目前で怪我を招いた自分を責める岩本の元に来たのは、新加入したメンバーの目黒蓮だった。目黒との会話を終えた岩本は、気持ちを切り替え、再び奮い立った。
そして初日を明日に控えた通し稽古では、衣装の着替えや移動を本番さながらに行う。加えてこの稽古で見えてきた課題を克服し、残された時間の中で完成度を上げていかなければならない。舞台袖は戦場のような慌ただしさ。そこでは人生最大のチャンスを掴もうと必死に奮闘するSnow Manの熱があった。

2月3日、いよいよ「滝沢歌舞伎ZERO」初日の幕が開く。「ずっと背筋に鉄の棒が入ったようなシャキッとした感じ」と阿部亮平が語るように、開幕直前のメンバーは緊張感に満ちていた。また、岩本は「滝沢君ですら想像もしなかった世界に行く」と主演を務める強い覚悟を改めて口にした。果たしてSnow Manは、新しく生まれ変わった究極の和のエンターテインメントの世界で、観客を魅了することができるのか。

引用元:FOD

スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』Snow Man(スノーマン)4話ネタバレ

では、『RIDE ON TIME』Snow Man(スノーマン)4話のネタバレです!

まだご覧になっていない方は、FODプレミアムで配信されているのでそちらをチェック!

1話・2話・3話のネタバレはこちら↓↓

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan1話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan1話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月8日放送) RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan2話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月15日放送)RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan2話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月15日放送) RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan3話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月22日放送)RIDE ON TIME(ライドオンタイム)SnowMan3話ネタバレ【滝沢歌舞伎ZERO飛躍の舞台へ】(3月22日放送)

滝沢歌舞伎の壁

そこにはいつも、全力で夢をつかもうとする彼らがいた。

アイドル界の新星・Snow Man。

彼らが挑む夢の舞台「滝沢歌舞伎ZERO」

その初日は目前に迫っていた。

結成から7年。ようやく彼らがつかんだ大きなチャンスが、「滝沢歌舞伎ZERO」の主演だった。

しかし、「滝沢歌舞伎」という壁は、高かった。

覚えなければならないことは無数にある。危険も伴う。

何としても成功させたい。Snow Manの願いは一つだ。

 

初日の幕が開くのは、歌舞伎の発祥地・京都伝統の南座。

彼らはいよいよ勝負の時を迎えた。

まずは衣装合わせ。今回、全ての衣装を担当する宮舘。

Snow Manが独り立ちするためには、滝沢に代わって自分たちで決めていかなければならない。

次は、何としてでも越えなければいけない壁。歌舞伎のメイク。

演目の合間に行うため、与えられた時間はわずか8分。

一番手間のかかる隈取りのためには、かなり複雑な手順が必要だ。

果たして全員、8分以内に終えられるのか…。

やってみた結果は…12分。12分では到底間に合わない。

もう一度化粧を落として、再び時間を計測して練習をする。

本番は、さらに切迫した中で行うことになる。

 

トラブル発生

そんな彼らを、トラブルが襲ったのは舞台での稽古が始まった時だった。

第2部の演目で、江戸の岡っ引きを演じる岩本。

一番の見せ場である、はしごの上で見得を切る場面でのこと。

足を踏み外しただけのことと誰もが思っていたのだが…すねをひどく痛めていた。

初日を目前に控え、怪我を招いてしまった自分に憤りを感じているようだった。

「痛みより、何してんだよ感の方が強いっすね。」と話す岩本。

 

そんな時、新加入したメンバー目黒がやってきた。

「まあ逆に、傷口見た方が俺ら燃えるタイプっすもんね?」と声をかける。

岩本「まあ、こんぐらいハンデ?」

目黒「大丈夫っすよね?」

岩本「当たり前じゃん。今、乾かしてるだけだから。」

そういって、2人は熱く握手を交わす。

 

Snow Manがようやくつかんだ大きなチャンス。

何があっても、自分の足で舞台に立たなければ明日はない。

岩本は奮い立っているようだった。

 

前日の通し稽古

2019年2月2日。初日が明日に迫った。

舞台で行われた記者会見。

あふれんばかりの報道陣を前に語ったのは…

岩本「全てのチャンスをつかんで、新たな幕開けっていうのをお客さんにも、ファンの方にも、たくさんの方にこのSnow Manが突っ走る姿を見せていければなと。俺たちが、こう一番前で『滝沢歌舞伎ZERO』を託された意味があるのかなって俺は思います。」

 

通し稽古は衣装を着けて、ぶっ通しで行う。

演目はとことん稽古を積んできたが、それを滞りなく進められるかが勝負だ。

舞台袖のあわただしさは、まさに戦場。

1分1秒を争う衣装替えや移動の連続。

始まって30分足らずで大量の汗。

着替えの段取りもスタッフとの連携が欠かせないのだが…岩本のカツラが見当たらない。

明日の初日までに、こうした課題を全てクリアできるか。

後輩たちにも気配りをしなくてはならない。

舞台を自分たちに託してくれた滝沢を、納得させられるのか?

スポンサーリンク

滝沢が考えるエンターテインメント

2018年12月。滝沢はこう語っていた。

「体一つで、パフォーマンスでメッセージを伝えるのが僕はエンターテインメントの仕事だと思うので、この『滝沢歌舞伎』というのは、ホントに気持ち入れて、熱をお客さんに伝える場所にしたいんですよね、僕は。僕らがやってるのって、歌舞伎だったり太鼓だったり、プロじゃない僕らがそれに挑んでいるという熱をお客さんにどこまで伝えられるかっていうのが、僕らの務めなのかなと思いますね。」

 

滝沢歌舞伎ZERO初日

2019年2月3日。いよいよその日がやってきた。

公演が始まると置かれる、キャストの入りを示す着到板。気合が入る。

稽古初日から3週間。

1日の休みもなく、この日を迎えたメンバー。

一方、一時はケガを心配された岩本は、万全のようだ。

通路の奥の壁には、昨日の通し稽古の様子が初日に合わせ、でかでかと報じられていた。

 

2月3日ということで、3週間以上続く南座公演の安全を願い、厄払いの豆まきを行う。

豆をまこうとするものの、気付けば振りの確認に没頭するメンバーたち。

舞台が成功するか…それはまさに彼らの熱量にかかっている。

 

開演30分前。劇場前には長蛇の列。

メンバーたちが向かったのは、滝沢の部屋。

毎年恒例の、初日の挨拶だ。

だが、滝沢は「君たちが座長なんだから。他の人たちも挨拶に来るでしょ?」と彼らに告げる。

バトンは既に手渡されている。座長は他ならぬ自分たち。

 

ユニット結成以来、Snow Manをけん引してきた岩本。

自分を鼓舞するかのように何度もその覚悟を口にした。

開演は間もなく。

会場はその時を待つ観客で埋め尽くされていた。

Snow Manの未来をかけた挑戦。

彼らはその時を最高の笑顔で迎えた。

「滝沢歌舞伎」新たなる幕開け…。

 

芝居のラストは、岩本が怪我を乗り越え挑んだはしご。

その舞台は確かに、あらゆる和の要素が融合したエンターテインメントが花開いていた。

「滝沢歌舞伎ZERO」この夜、彼らは持てる力を全て出しきった。

 

初日終演後

終演後の楽屋。

彼らの表情は晴れやかだった。

興奮冷めやらぬ中、岩本と深澤が向かったのは…主要スタッフを集めての反省会。

何より聞きたかったのは、滝沢からの評価だ。

滝沢「全体的には、もう全然問題ないと思います。ただ、このがむしゃら感が減っていくと普通の舞台になっちゃうから、今のテンションをキープできることが一番理想かな。」

大切なのは熱を持ち続けること。

 

新たな歩み

稽古初日から南座の千秋楽まで、一気に駆け抜けたSnow Man。

「滝沢歌舞伎」にゴールはない。

その言葉通り、彼らは村上真都ラウールを加え、再び動き始めた。

”ゼロ”として始まった彼らの新たな歩みは、その先へ―。

Snow Man…自らを溶かすほどの熱を持った男たち。

彼らはこれからも舞い続ける…。

【END】

スポンサーリンク

『RIDE ON TIME』Snow Man(スノーマン)4話まとめ

今回は『RIDE ON TIME』シーズン1で放送されたSnow Man(スノーマン)のエピソード4のネタバレをご紹介しました。

4週に渡って密着した、スノーマンのライドオンタイム。

新しく9人構成となったSnow Manが、ジャニーズの歴史の中でも名作と言われる「滝沢歌舞伎」を受け継ぎ、一生懸命に舞台練習に励む姿が放送されました。

メンバー1人1人が自分の役割をしっかりと考え、決して弱音を吐かなかったSnow Man。

Snow Manが多くのファンから愛される理由が、ここに詰まっていました。本当に素敵で感動しました!

\今すぐスノーマンの動画を無料視聴/

ライドオンタイムを無料視聴する!

※2週間の無料期間中に解約した場合は料金は一切かかりません

今すぐクリック⇒RIDE ON TIMEを無料視聴>>

注意

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムの公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。